コミックス「空母いぶき 7」

空母いぶき(第7巻)
かわぐちかいじ、惠谷治著
(ビッグコミックス:552円+税)
※古書を購入

中国軍の侵攻目的は尖閣諸島の占拠。刻一刻と基地化を進めている。尖閣諸島と与那国島が膠着状態のまま、秋津は「事前通告後に尖閣の中国兵1,600人に総攻撃を加える」作戦を上奏。首相は苦渋の決断を下す・・・作戦決行。与那国島、多良間島の支援に第4護衛隊群と第9航空団のF-35JBも出撃。空母「いぶき」の第5護衛隊群は尖閣諸島に出撃した。航空戦力は那覇から飛べるし、防空能力のあるイージス艦は他にもあるだろうに・・・。まあ、全面戦争にしたくないという配慮はわかるけど、自衛隊に被害が出ては本末転倒だろう。
日本初の「防衛出動」発令下、マスコミは意外に従順な様子。やはり、利敵行為には気を遣っている。