国立科学博物館 企画展 風景の科学展 芸術と科学の融合(東京・上野公園)

写真家・上田義彦が撮影した写真を、国立科学博物館の研究者が自然科学の視点から解説し、関連する展示物を揃えた内容。
「木を見て森を見ず、森を見て木を見ず」という言葉があるけど・・・ここではあえて、マクロからミクロまで、時間軸さえ遡って細かく見てやろうという感じ。まあ、自然景観の多くは地球物理や生態系の結果、あるいは過程によるものだから、こういう解説は成り立つ。
でも、こういう切り口での解説が面白いかというと微妙・・・。風景写真を見て目が行かなかった部分に詳細な解説が付けられているという印象が強く、ビックリするような関連付けが少なかったから。写真は写真として観ている方が楽しいかも^^;