BOOK「ゴブリンスレイヤー 6」

ゴブリンスレイヤー(第6巻)
蝸牛くも著
イラスト:神奈月昇
(GA文庫:640円+税)
※古書を購入

春になった。女神官にとっては冒険者2年目の春。春は新人の季節らしいけど・・・そこに、いかにも早死にしそうな新人魔術師の少年・・・。女騎士と重戦士のお節介で、新人魔術師を連れてゴブリン退治に。今回は女神官がリーダー役・・・そうそう上手くはいかないけれど。少年魔術師、頭悪すぎ。一日に一回だけファイヤーボールを使えるだけで、何を粋がっているのか?
未完成ながらも、冒険者の訓練場が稼働しはじめた。第6巻あたりになっても、ギルドの受付嬢がヒロインのひとりでいられるのは・・・主人公が相変わらずゴブリンしか相手にしていないからだろう。普通なら、レベルが上がって受付嬢の手から飛び立ってしまうから。
新人冒険者を鍛えるのんびりした回かと思っていたら、訓練場にゴブリンの襲撃。でも、今回はこれがメインではないので、あっさりしたものだった。ゴブリンスレイヤーにも、ゴブリン退治が「冒険」ではないという認識があるらしい。まあ、害獣駆除業者みたいなものだろうな。