BOOK「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 5」

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(第5巻)
CHIROLU著
イラスト:トリュフ
(HJ NOVELS:amazon:1,200円)
※Kindle版を購入

「一の魔王フリソス」が現れ、ラティナの素性が明らかになった。もしかして、ラティナって、この事情をずっとデイルに隠したまま事ここに至ったのだっろうか? 幼いときからか記憶の一部を隠していた伏線はあったけど・・・。
ラティナが消え・・・7人の魔王に封印されてしまった。そしてデイルが動きはじめた。7人の魔王をすべて殺し、ラティナを取り戻すために。天翔狼の長ハーゲルを伴い、まずは「五の魔王」を次いで「六の魔王」。かもしれないではなく、本当に魔王を倒しはじめた。さらに「四の魔王」「三の魔王」「七の魔王」を滅した。ゲイルはもともと「勇者」で、しかも「八の魔王」ラティファの眷属・・・強い。でも、なんとなくゲイルの方が悪役っぽい。かなり善良な魔王たちだったのに・・・。残りは「一の魔王フリソス」ただ一人。ここでようやく、ラティナの素性がはっきりした。
でも、デイルにはガッカリだ。この巻での行動と態度をみて思ったけど、デイルに主人公としての資格があるのだろうか? ラティナがデイルの嫁になって興ざめした影響がここに来て大きくなってきた。