コミックス「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON 3」

トニカクカワイイ(第3巻)
畑健二郎著
(少年サンデーコミックス:454円+税)
※古書を購入

星空と司が結婚して、具体的に結婚生活がはじまったけど・・・なにひとつ進んでいない。交際期間がぜんぜんない特殊な結婚だからという以外に、星空の鈍感さというか、知識のなさに寄るところが大きい。
星空の両親に結婚を報告し、引っ越しの保証人を頼むため、司の故郷・奈良に。なぜか移動は夜行バス。京都からは近鉄・・・単線の絵が描かれていたけど、資料をJR奈良線と間違えたんじゃないか?
なんとなく「かぐや姫」という伏線を敷いているけど・・・司の正体はともかく、結末は方向性すら想像が付かない。こういう少年マンガに、こんな初期の段階で結末が想定されているものなのかわからないけど^^;; ・・・長くなるんだろうな? このへんでいったん読むのは止めておこう。