BOOK「菜の花の沖(六)」

菜の花の沖(六)
司馬遼太郎著
(文春文庫:552円+税)
※古書を購入

北海道の開拓と防衛は一貫してロシアの脅威に対抗するためだったから、本能的に北海道人はロシアが嫌いだ。その不信感の発端はこの小説に描かれた時代からはじまる。わたし個人としては、意外にロシア人が好きだったりするけど。
嘉兵衛の観世丸がロシア軍艦ディアナ号に拿捕され、嘉兵衛ほか5人がカムチャッカに連行された。文化露寇やゴローニン事件について、北海道では比較的しっかり習うけど、他の地域ではそうでもないと聞いたことがある。
嘉兵衛を捕虜にしたリコルド少佐は、なかなか見識のある人物だったらしい。この人物でなければ、日露関係はどうなっていたことか。対して、農民層の出自で船乗り・商人になった嘉兵衛が、どこまで近代的な国家観や外交感覚を持っていたか・・・司馬遼太郎の描き方ではかなりの人物。リコルドと嘉兵衛との間に信頼関係が生まれ、自分たちが帰国し、平和裏に事態を収拾させる方策が立った。
帰国した嘉兵衛は最終的に処罰されはしなかったけど、ゴローニン事件を丸く収めた結果、幕府から贈られた報奨金がわずか5両。北前船1回の航海で1000両以上の稼ぎが出るというのに・・・。まだ、個としての日本人が明確に国家を意識していなかった時期に、互いの国の辺境で出会った嘉兵衛とリコルドが通じ合えたことは、結局、時代のあだ花に過ぎなかったのが残念だ。
<完結>