BOOK「キノの旅 VIII the Beautiful World」

キノの旅 VIII the Beautiful World
時雨沢恵一著
イラスト:黒星紅白
(電撃文庫:550円+税)
※古書を購入

古本のまとめ買いしてたので気付かなかったけど、旧版と新版では表紙が違う。購入したセットは、いくつか新版が交じっているようだ。
「歴史のある国」は、キノの師匠のむかし話。ホラかも知れないけど、政治腐敗にないしてスカッとする内容。でも、実際には許されない暴力ではあるんだけど。9.11は時代の最先端の超高層ビルがテロのターゲットになったけど、歴史的建造物を人質にするようなテロはまだ起きていないな。破壊の対象になったことはあるけれど。
「愛のある話」・・・自分が倒れるような援助をしてはいけない・・・当然のこと。いまでも現実によくある話しだ。キノのいう自分への愛情とは違うと思うけど。
「ラジオな国」・・・ある種のマスコミを皮肉ったお話なんだろう。あるいは経済学者やエコノミストなんかを皮肉ったものだろうか。こういうテイストのお話は、作者の思想を示しているらしく、他にもいくつかあったな。
エピローグの「船の国」が中編で、この巻の半分を占めている。シズと陸が浮島状の船の国に渡り、西の大陸に向かうお話。どうやら、シズのバギーに同乗者が一人増えるらしい。責任とってよね、ということだ。