BOOK「りゅうおうのおしごと! 12」

りゅうおうのおしごと! 12
白鳥士郎著
イラスト:しらび
(GA文庫:amazon:660円)
※Kindle版を購入

銀子ちゃんとうふふになって、さらに帝位戦の挑戦者決定戦に勝利した八一。女性を見る目がないとは思うけど、それは好みの問題なので仕方がないけど・・・。まあ、幼なじみは負けフラグという風潮には反対なので、姉弟子にして幼なじみでもある銀子ちゃんにはがんばって欲しいところだけど・・・。でも、銀子ちゃんというのは「悪手」だと思う。そもそも、この小説は八一の元にあいちゃんが内弟子として転がり込んできたことにはじまるわけで、八一が銀子の弟弟子になったことからはじまるお話ではない。
銀子ちゃんの三段リーグの正念場。ゲロを吐き、胸を叩いて肋骨を折り、血反吐を吐いて四段にあがった。銀子ちゃんはこれがギリギリという感じもするけど、プロ棋士をしての戦いが続く。でも、封じ手は開封されて晴れて二人は・・・。本能的に危機を感じ取っていたのか、あいや天ちゃんが迫っても、もう逆転の目は残っていないだろう。
於鬼頭帝位VS九頭竜八一龍王。八一が天才肌を発揮して快勝。
これで奨励会編は終了だけど、まだ完結ではない。