アニメ「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第二部)」


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第二部)」(全13話/2020年)
第二期を楽しみにしていたんだけど、アニメとしてはクソ。第二期になってこんなにこんなにクオリティが落ちるなんて。第二部の最初から低レベルだったから、新型コロナウイルスが原因ではないはず。
舞台が下町から神殿に変わって、新しい設定や登場人物など、伝えなければいけないことが山盛り状態。そもそも「なろう系」はこの作品に限らず、ページ数も話数・巻数も気にする必要がないから、作者の思うがままにストーリーや設定が詰め込まれ過ぎていることが多い。シナリオ的には限界を超えているのか、何の説明にもなっていないし、おもしろい部分も描けていない。なろう系アニメに失敗作が多いと言われる原因がこれだ。この作品でも、孤児院の建て直しと工房の設置に関しては、もっとしっかり描くべきだったように思う。
でも、原作ラノベを読んでいるから大丈夫。アニメ作品として楽しむのは諦めて、原作ストーリーを思い出すためのアニメと割り切った。