今日「アベノマスク」が届いた。これって「ポスト安倍」の踏み絵なのかもしれない

東京の緊急事態宣言は継続だけど、ついに「アベノマスク」が届いた。本当に配っていたんだ。BLOGネタとして「ネタノマスク」になってくれるのはありがたいけど、SNSなどで言われている通りに小さい。前にも書いたけど、この先の配布は中止して、第2波・第3波に備えて小学校や幼稚園に集中配布した方がいい。近所の小学校の校門に「寄付BOX」を置いてくれないかなぁ。
このマスクに限らず、政府の新型コロナウイルス対策には言いたいことがいろいろある。黒川検事長の問題も加わり、さすがに安倍首相の支持率も下がってきた。
そこで気になるのがポスト安倍。この小っちゃいアベノマスクを閣僚すら使っていない現状で、安倍総理以外にもう一人だけ使い続けている人がいる。
それは、安倍後継の呼び声高い岸田文雄自民党政調会長。アベノマスクの政策決定には関わっていなかったらしく、発表時は「びっくりした」と言っていたけど、最近は律儀にアベノマスクを使っている。もしかすると、一種の「踏み絵」の働きをしているのかも知れない。