BOOK「本好きの下剋上 24 司書になるためには手段を選んでいられません 第五部 女神の化身 III 」

本好きの下剋上
司書になるためには手段を選んでいられません
第五部 女神の化身 III

香月美夜著
イラスト:椎名優
(TOブックスラノベ:amazon:1,010円)
※Kindle版を購入

ローゼマインの嫁入りをかけてのディッターは、エーレンフェストの勝利に終わったけれど、回復薬を飲みすぎたローゼマインはそのまま寝込んでしまった。こそへ噴出するヴェルフリートへの不満・・・。実は「なろう版」を最後まで読み終えているので、これがちゃんと伏線になっていることには気がついている。そして中央騎士団にトルークが使われた疑い・・・。
ローゼマインが回復すると、大急ぎで領地対抗戦の準備。今年は大領地との共同研究など、エーレンフェストに注目が集まっている。急速に順位を上げたエーレンフェストは、社交に大忙し。・・・最後の表彰式では、ディッターが3位となる快挙。研究成果でも、1位と3位に輝いた。そして、ローゼマインは3年連続で最優秀者に選ばれた。
久しぶりにフェルディナンドと再会したけど、相変わらず叱られてばかり。しょんぼりへにょんだよ、って、ローゼマインはちびっ子のなりはしているけど、中の人はもはやアラサーのババァなんだよな。この辺上手くごまかしで書いているけど・・・。
続いての奉納式。アーレンスバッハのディートリンデが奉納毎でやらかした。きらきら宝石を光らせるかと思いきや、魔力を放出して気を失った。一瞬、舞台に浮かび上がった魔方陣。それが、次期ツェントを選ぶためのものだと推測され・・・ディートリンデがさらに増長してゆく・・・。
この巻はローゼマインの貴族院での3年目が終わるところまでだけど、主役はディートリンデだった。痛すぎる娘で、どんどん敵役になっていく。