コミックス「鬼灯の冷徹 二八」

鬼灯の冷徹 二八
江口夏実著
(モーニングコミックス:610円+税)
※古書を購入

平等王の第一補佐官・田吾作こと弟切丑虎。久しぶりにすごい新キャラがでてきた。3話連続という破格の扱い。娘の丙(ひのえ)は可愛いけどちょっと魔性・・・。あっという間にレギュラーキャラの仲間入りをしたらしく、座敷童子たちと仲良くしていたりする。めめこ(苺々子)ちゃんもそこに加わって、一気に幼女が増えた。
ホームセンターで家電を販売している間津舌さんまで再登場。出典や資料のあるキャラより、オリジナルのキャラの方が使い勝手は良いのだろうけど・・・もしかすると、ネタに詰まってきたのかも知れない。エジプトの「死者の書」とか、必死に資料をあさっている感じが伝わってくるし、作者も大変なんだろうなぁ。ダラダラと引き伸ばしをはかる作品が多い中、作者の努力は認めたいと思う。