BOOK「マルドゥックシリーズ12 マルドゥック・アノニマス 5」

マルドゥック・アノニマス 5
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:amazon:772円)

第5巻が出たことに気づいて慌てて読み始めた。
ハンター勢力〈評議会〉が一堂に会する会合・・・新たな局面へと進んだ。違法エンハンサーたちを合法化し、能力をお金に換える=均一化の最終到達点を確認した。今後、市長派のシザースと戦うため、嗅覚に優れたエンハンサーの出番・・・ハンターは、ウフコックも仲間に加えたいともくろんでいたが・・・。しかし、シザースを見分ける方法を発見できずにいた。組織内で疑心暗鬼が広がり、ハンターへの共感に乱れが起きはじめ・・・ついに、マクスウェル率いる〈誓約の銃〉が暴走した。ステップフォード所長と〈円卓〉メンバーのメリルへの襲撃。全面的な組織分裂の危機に陥った。回避するためには、ハンターの能力を正しく使うためのもう一人の鏡が必要で・・・ハンターという人物に詳しい者・・・バロッド。
バロットを含めた〈イースターズ・オフィス〉のウフコック捜索は続いていた。バロットはレイ・ヒューズから銃の扱いと交渉術を習った。そして、二十歳の誕生日に、バロットが声帯再生手術を受け声を取り戻したまさにその夜。バロットの携帯にハンターからの電話が・・・。
シリーズ全体の山場を戦闘シーンにしないために、意図的に構成をいじったのだろうけど・・・次の巻で、バロットとハンターの対決が本当の山場になるのだろう。