BOOK「物語シリーズ 26 扇物語(オウギモノガタリ)」

物語シリーズ 26
扇物語(オウギモノガタリ)
西尾維新著
イラスト:VOFAN
(講談社BOX:amazon:1,430円)

いままでリアル本を買いそろえていたけど、読みにくくて放置する期間が長くなってきたので、この巻から電子書籍にした。格段に読みやすい。
時間軸は、阿良々木くんが大学1年のお話。老倉育のアパートの隣に引っ越して一人暮らしをはじめ、同級生の食飼命日子と仲良くしていたら・・・新年早々、初詣デートで戦場ヶ原さんから別れ話というか、過去の諸々を謝罪された。さらには、半ば絶交状態の老倉育からの謝罪・・・。すわ、怪異現象だということで、阿良々木くんは自分と対を成す闇である忍野扇に接触した。
この作品の魅力は、個性的なキャラによる軽妙な会話にあると思っていたけど、今回は阿良々木くんが一人で思い悩んでいるばかりで、楽しい会話がない。命日子との会話は前振りとして説明感がひどいし、日傘星雨との会話も半分以上は阿良々木くんの独白だった。阿良々木くんの妹たちや神原とは会話シーンすら描かれなかった。ようやく出てきた八九寺はまるで別キャラのような違和感がつきまとった。
「妖魔令/妖魔霊(あやまれい)」という怪異。どこにでもいる感じだけれど、だからこそ扇ちゃんがオチをつけたのだろうか。微妙に納得のいかない、話だったというか・・・タイトルだな。
巻末の短編「おうぎフライト」・・・かつて、千石撫子を呪い、呪詛返しにあった遠吠哭奈と砂城寸志。この二人を千石が見舞って、和解・・・呪いの回収した。久しぶりに斧乃木ちゃんが出てきたけど、千石が臥煙さんの指導を受けているとは思わなかった。千石のお話にケリが付くのかと思ったら、前振りだけで終わってしまった。