コミックス「転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方 7」

転生したらスライムだった件
魔物の国の歩き方 7
岡霧硝著
原作:伏瀬
キャラクター原案:みっつばー
(ライドコミックス:amazon:594円)
※Kindle版を購入

フラメアが久しぶりに兎人族の里に里帰り。便乗してリムルまで付いていく魂胆。ゴブタとランガもお伴し、変な方向に流れはじめたけど・・・ヴェルドラが乱入してきてメデタシメデタシ。兎人族といえば、「ヒャッハー!」と武闘派を思い描いてしまったけど、これは別のラノベのお話だった。
コロッセオではドッチボール大会。ヒナタ・・・こんなにテンペストに入り浸っている設定ではなかったはずだけど・・・。
検察と司法を担当している上級悪魔のカレラとウルティマがようやく出てきた。このマンガでは悪魔なのか魔族なのか魔王なのか、見た目ではわからないので今いちピンとこない。描き分ける設定になっていないから仕方がないけど・・・。