BOOK「ストライク・ザ・ブラッド 12 咎神の騎士」

strike_the_blood12ストライク・ザ・ブラッド
12 咎神の騎士
三雲岳斗著
イラスト:マニャ子
(電撃文庫:610円+税)

父親と共に日本本土に帰省した古城の妹・凪沙が行方不明になり、古城と雪菜、浅葱、そしてヴァトラーが本土にやって来た。今回はやたらと登場人物が多く、いままで馴染みのない人物も大勢いて、誰が何やら、ちょっとわかりにくい^^;;
巨大とはいえ、人工フロートでできた絃神島では、いままで限定的な戦いしか出来なかったけど・・・今回は西丹沢を舞台として、魔獣との大規模な戦闘が展開された。敵が今までにないくらい強くて、古城も第四真祖の眷獣をさんざん繰り出し、戦闘能力全開で地形が変わるほどの戦いを繰り広げるけど・・・主人公が人を殺してはいけないというラノベのルールが生きていて、巨大な戦闘力を使い切れない状態^^;; ありがちなことだけど、長編化するにつれて戦闘力が巨大化するなど、話をでかくしすぎた弊害かもしれない。
でも、あとがきによると・・・そろそろ結末に向けて収束させていくらしい。短編集がないシリーズなので、第15巻くらいで完結だろうか。