惑星「Kepler-452b」に従兄は果たして存在するのか?

2015-07-24kepler-452b.jpg
ケプラー宇宙望遠鏡が、地球のように生命が存在する可能性のある惑星を発見した。地球から1400光年先、はくちょう座の方向にある、太陽より20%ほど明るい恒星を回る惑星「ケプラー452b」。公転周期は385日。惑星の直径が地球の1.6倍で、地球のように岩石質でできており、水や大気を持つ可能性がある。NASAは「地球より大きくて年上の従兄のような星」といっている。まあ、血縁関係はないわけだけど、これまで見つかった惑星の中で生命を育む環境を備える可能性が最も高いそうだ。
1400光年も離れているのか・・・。強力な無線で「われ、生きとるけ?」とあいさつを送っても、「なんや、われ!」と返事が届くのは早くても2800年後。まあ、疎遠な従兄弟同士の距離感としても、ちょっと遠すぎるな^^;;