BOOK「わたしの知らない、先輩の100コのこと 2 【電子特典付】」

わたしの知らない、先輩の100コのこと(第2巻)
【電子特典付】

兎谷あおい著
イラスト:ふーみ
(GA文庫:amazon:634円)
※Kindle版を購入

とにかく二人で良く喋る。あまり小洒落たことは言わないけど、楽しそうに喋るだけで毎日が進んでいく。そして、後輩ちゃんがとにかく積極的で、毎週末デートを重ねている。デートで外出しても、自転車の練習をしても、結局は喋ってばかりいる。久しぶりに「喋々喃々」なんていう言葉を思い出した。
母親に後輩ちゃんを知られてしまったけれど、ついに学校の中でも二人で行動するようになった。これで、内堀も外堀も埋まった。運動会のシーンは描かれたけど、学校での接点については詳しく書かれていない。周囲の目もあるだろうに・・・。
本人たちも自覚しているように、50日を過ぎるとさすがにだれてきた。最初の頃は、さっさと付き合ってしまえよと思っていたけど、お前ら一度分かれたらと正直思ってしまった。でも、60日目に答えが出てしまったじゃないか。でも、このまま100日目まで行って、そこでぷっつり縁が切れたら、それはそれですごいな。
この巻は、前巻より少し長くて63日目まで。がんばれば次の巻で完結までいけるかもしれない。

BOOK「わたしの知らない、先輩の100コのこと 1」

わたしの知らない、先輩の100コのこと(第1巻)
兎谷あおい著
イラスト:ふーみ
(GA文庫:amazon:614円)
※Kindle版を購入

気にはなっていたけど、続巻が出ない可能性を考えて放置していたら、いつの間にか続巻が出ていた。表紙を良く見たら、「1」とナンバリングされていた。
「せんぱい」と「後輩ちゃん」、お互いに名前も知らず同じ路線で通学しているだけの関係ながら、お互いの質問に1日1問に正直に答えることになってしまった。以後、日記形式でお互いの視点から話が進む。設定は悪くないけど、あっという間にせんぱいの塩対応が影をひそめ、ずーっとこれが続くのかと思うと、途中から単調に感じてきた。
その矢先、後輩ちゃんからぐいぐいデートに誘ってきて、わずか12日目の土曜日に初デート。翌日も連チャン。男なんて可愛い女の子の前ではみんな同じようなもので、せんぱいがだらしがないわけではない。もう、この時点でこの会話ゲームは完全にせんぱいが負けている。
この巻は27日目までだから、100日目までだとすると、第3巻では完結しないかな。第2巻は出ているようだけど。