BOOK「物理学天才列伝 上 ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで」

物理学天才列伝(上)
ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで

ウィリアム・H・クロッパー著
水谷淳:翻訳
(講談社ブルーバックス:1,300円+税)
※古書を購入

科学者の伝記を読もうかと思って、amazonで何気なく古書を買ったら・・・予想以上の厚さに一瞬怯んだ。幸いにも、数式はあまり登場せず、読み飛ばしても流れは理解できる。でも、読み終えるのに苦労したから、下巻にはしばらく手が伸びないかも知れない。
この巻で紹介されている物理学者は、有名どころだけあげると、ガリレオ、ニュートン、ジュール、マクスウェル、アインシュタインなど。
個人的に、ガリレオとニュートンの力学、ファラデーとマックスウェルの電磁気学、アインシュタインの相対論には比較的馴染みがあったけど、第2章の熱力学にはあまり馴染みがなくおもしろく読めた。登場する科学者も、ジュール以外はほとんど記憶にない名前ばかり。読んでいて、このあたりを解き明かしたのはこの人の業績なのかと気づくことも多かったけど・・・たぶん、三日も過ぎると、名前は忘れてしまうことだろう^^;

BOOK「物理学はいかに創られたか(下)」

butsurigakuhaikani-2

物理学はいかに創られたか(下巻) 
アインシュタイン/インフェルト著
石原純:翻訳
(岩波新書:740円+税)
※古書を購入

下巻は、相対論が誕生する経緯からはじまり、相対論を解説。さらに量子論の入門編といった内容。光量子で量子論の確立に関係したアインシュタインだけど、「神様はサイコロを振らない」とハイゼンベルクの「不確定性原理」を否定しようとしたアインシュタインにとっては、量子論の入口までしか手を付けることができなかったのだろう。
数式を使わず、わかりやすい逸話も使わず、平易な文章だけで解説しているので、意外にわかったようでいてわかりにくい部分が多々ある^^;;
ヨーロッパで第二次大戦がはじまり、ポーランドに残されたインフェルトを救出をアメリカ政府に納得させるため、その存在感を示すため共著で書かれた本で、この印税でインフェルトはプリンストンの高等研究所での研究費をまかなったという逸話がある。つまり、アインシュタインが日本旅行を終え、アメリカに亡命して間もない頃に書かれた本ではないかと思う。

BOOK「物理学はいかに創られたか(上)」

butsurigakuhaikani-1物理学はいかに創られたか(上巻) 
アインシュタイン/インフェルト著
石原純:翻訳
(岩波新書:720円+税)
※古書を購入

古本屋でいつでも買えると思って、ずーっと後回しにしてきたけど、読みたい本がなく、ついに読むことにした。新書を多少なりとも揃えた古本屋なら、ほぼ確実に在庫がある本なのに、それなりに需要があるらしく、120円の値段が付いていた。
20世紀の物理学の大御所が、極力数式などを使わず、一般の人向けにわかりやすく物理学の基礎を解説した本。この上巻は、ニュートンの力学、マックスウェルの電磁気学を解説している。言い換えれば、現代物理学でいうところの4つの力の内、「重力」と「電磁気力」。当時の学術的背景なども紹介し、だれが何を考えどうしてこの法則を発見したのか? さらには誰がどのように反論したかなど、物理法則として認知される経緯など科学史的内容を含めているので、読み物としても面白い。
いかにも、文系学生の一般教養科目の「科学史」あたりで課題として使われそうな本^^;;

アインシュタイン最後の宿題、重力波の観測に成功

2016-02-12juuryokuha
ものすごく専門的な話題なのに、「重力波発見」というニュースが世界中を駆け巡った。米カリフォルニア工科大などの研究チームが、重力波の観測に成功したという。
しかも、今回観測された重力波は、アインシュタインの一般相対性理論が予測した重力波の中でも、ふたつのブラックホールが合体したときに出たものらしい。ということは、観測が難しいブラックホールの存在を証明したことにもなるし、同時にブラックホールには連星系を成しているものがあることも証明している。
他にも、相対性理論を用いて計算したら、ブラックホールの質量や距離なんかもわかるんじゃないかという気がする。たぶん。
昨年、ノーベル物理学賞を受賞した梶田先生の資料を読んだときに「次の目標は重力波」と語っていたし、重力波観測望遠鏡「かぐら」がもうじき稼働しはじると聞いたばかりだったので驚いた。
重力波が観測できるようになると・・・ガリレオの時代から、光学望遠鏡や電波望遠鏡などを電磁波を用いて宇宙を「観る」ことが主流だった宇宙観測に、新たに宇宙を「聴く」とでもいうべき観測手法が加わったことになる。こう言われてもピンとはこないけど、重力波を高感度に観測できるようになると、この宇宙の始まり、光の粒子が直進できなかった宇宙の晴れわたり以前の宇宙を観測できるようになるかもしれない。

BOOK「ゼロからわかる アインシュタインの発見」

einsteinnohakkenゼロからわかる
アインシュタインの発見
山田克哉著
(講談社現代新書:700円+税)
ISBN/ASIN:4061498606
※古書を購入

わたしは同じ本を何度も読み返すことができない人間なので、定期的に類似の本を読み続けないと、理解が深まらないし、そもそもどんどん忘れて行ってしまう^^;;
だから、「ゼロからわかる」というタイトルに惹かれて、読んでみることにした。
読んでみると、当然ながら、以前読んだことのあるような内容ばかりで、目新しいとこが書かれているわけではなかった。まあ、読みやすい本であることは間違いがない。

BOOK「新書で入門 アインシュタイン丸かじり」

Einstein_marukajiri新書で入門
アインシュタイン丸かじり
志村史夫著
(新潮新書:amazon:600円)
ASIN:B00ASUY0KS
※Kindle版を購入

アインシュタインと相対性理論についての超入門書。
アインシュタインの自伝的なお話や、ニュートンなどの古典力学との比較などを織り交ぜ、わかりやすく説明している。
でも、ちょっとでもこの分野を知っている人にはぜんぜん物足りない内容^^; 逆にここまで端折ってもいいものかと、読みながら不安を感じるほど。あくまでも入門書なので、これでいいのだろうけど^^;

BOOK「相対性理論」

soutaiseiriron_einstein相対性理論
アインシュタイン著
内山龍雄訳・解説
(岩波文庫:500円+税)
ISBN/ASIN:4004493414
※大昔に購入していた本

アインシュタインものの本をもう一冊読んだ。
特殊相対性理論についての論文と解説の翻訳本。・・・まえがきには、「平易な解説」という表現を使っているけど、かなりの部分に数式が引用されていて、数学的な素養のない人にはかなり厳しいレベル^^; 論文の部分は別として、解説の前半部は歯を食いしばりながら数式も追いかけていたけど・・・後半は疲れてしまい、数式は読み飛ばしてしまった^^; 並行して読んでいた矢野健太郎著の「アインシュタイン」も、後半部に出てくる数式は飛ばしてしまった。この2冊を並行して読んだら理解しやすいかと思ったのだけど、考えが甘かった^^;;
正直なところ、数式を読み飛ばすと・・・なんとなく意味はわかるけど・・・一般の解説書の方が理解しやすいということに気がついた^^; 素人がわざわざ読むべき本ではなかった^^;;