コミックス「チチチチ 3」

チチチチ(第3巻)
クール教信者著
(ヤングチャンピオン烈・コミックス:amazon:566円)
※Kindle版を購入

万光と珍太郎、ちゃんと交際することになった。だからといって、なにかが変わるわけでもない。変わってきているのは万光の仕事。はじめは、母性を感じるおっぱいキャラの絵本作家で、アニメ化までされた。ところが、エロ小説を出してAV化されるは、趣味で同人エロゲーを作って販売しはじめるは・・・どんどんエロ路線に進んでいる。
ふと思ったけど、担当編集者の西湖さんを光の身体に入れてチンコをちょん切ったら、『メイドラゴン』の小林さんになる。で、珍太郎の瞳をネコ型にして、尻尾を生やせばトールになる。
読みはじめる前、表紙のタッチから、なんとなくクール教信者の初期のマンガだろうと勝手に思い込んでしまい・・・まだ連載中だと気づかなかった。ということで、続巻待ち。

コミックス「チチチチ 2」

チチチチ(第2巻)
クール教信者著
(ヤングチャンピオン烈・コミックス:amazon:562円)
※Kindle版を購入

万光は大学時代のイジメが原因で引きこもりの絵本作家になった。珍太郎は、なにかを抱えているらしいけど謎のまま。幽霊の宮ノ森さんとの関係も謎。おまけに、珍太郎の妹・真奈菜が登場。爆乳の家系らしい。なにもかも謎のまま・・・明らかになっていくのは、作者・クール教信者の性癖ばかり^^;; おっぱいフェチマンガだと思っていたけど、かなり難易度の高い変態マンガかも知れない。(ラノベの『のうりん』にも書いたけど、このBLOGでの「変態」は褒め言葉です)
ひとつだけわかったこと。幽霊の宮ノ森さんが12歳で生んだ娘が珍太郎。そして真奈菜の母でもある。12歳って・・・しかも、いまは幽霊だし・・・暗い話でなければいいんだけど・・・。珍太郎の掲示板荒らしの件に、イヤな単語も出てきたし・・・。

コミックス「チチチチ 1」

チチチチ(第1巻)
クール教信者著
(ヤングチャンピオン烈・コミックス:amazon:566円)
※Kindle版を購入

『メイドラゴン』でファンになったクール教信者のマンガ。
ネットでの知り合いが大学に進学・・・ルームシェアを申し込んできた。気心が知れているからとOKしらた・・・性別を勘違いしていて、異性だったという・・・。ひきこもりで絵本作家の万光(よろず・ひかり:男)は、母性をイメージさせるおっぱいの絵本を描いている。女子大生のHN珍太郎(爆乳)は、詳しい素性はわからないものの、痴女レベルに性的なことも開けっぴろげだけど、意外に繊細ですぐに泣く。この二人の同棲生活に、光の妹・紗南(ブラコン)がからんできて・・・。おまけに、珍太郎に取り憑いている幽霊・宮ノ森さんまでからんできて・・・。
連載雑誌の性質によるのだろうけど、予想してた以上にエロネタのマンガだった。というか、おっぱいフェチマンガかな。キライではないけど・・・Amazonではアダルト商品扱いになるのか・・・。

コミックス「おじょじょじょ 4」

おじょじょじょ(第4巻)
クール教信者著
(バンブーコミックス:650円+税)
※古書を購入

川柳くん・・・とんでもない設定をいきなり追加されてしまった。裏の川柳家・・・川柳くんの出自の秘密。
どさくさ紛れに、天道さんとクリスがくっついた。まあ、最終巻だし、こっちは一件落着。
そして、肝心要の地獄巡さんと川柳くんは想像だにしなかった展開になって・・・ぜんぜん別のマンガになってしまったみたい。あとがきの雰囲気では、特別、読者の裏をかこうと力んだわけではないようだけど、ちょっと強引なまとめ方という印象が残った。ハッピーエンドだったから、まあいいか。
クール教信者の初連載で、実質的な処女作・・・知らずに読みはじめたけど、読む順番としては運が良かった。
<完結>

コミックス「おじょじょじょ 3」

おじょじょじょ(第3巻)
クール教信者著
(バンブーコミックス:650円+税)
※古書を購入

地獄巡さんと川柳くんは順調にお付き合いを続けている。そんな中、地獄巡さんの妹・秋が同じ学校の下の学年に転入してきた。超猫かぶりで、一応、キャラは立っているけど・・・最初から転ぶ気満々。でも、猫を被りながらもとんがる維持もあるし、理由もある。
それにしても、川柳くんの自覚もすごいな。この流れでは、親公認ということかと思ったら・・・なんか、裏がありそうだ。川柳くんの血筋、あるいは生まれの問題らしいけど・・・ぜんぜん想像も付かない。
この巻では、爺の出番がぜんぜんない。一番面白いキャラだったのに・・・。
あとがきによると、次の巻で完結しているらしい。

コミックス「おじょじょじょ 2」

おじょじょじょ(第2巻)
クール教信者著
(バンブーコミックス:648円+税)
※古書を購入

地獄巡さんと川柳くん、ちゃんと交際をはじめた。こういうコミュ障同士がこうも簡単に付き合いはじめるとは思わなかった。初々しい二人ではあるけれど・・・キャラの角が取れてしまって、すこし引っ込み思案なだけど普通のカップルになってしまった。
と、安心していたら、英国貴族のクリス・ポートマンが転校してきた。かつて、地獄巡さんのお見合い相手候補で・・・川柳くんのライバルなのかと思いきや・・・思い込みの激しい性格というだけらしい。
クリスは、かき回し役として投入されたんだろうけど、なんか普通のヤツだな。オマケに変なフラグを立ててしまってるし・・・。

コミックス「おじょじょじょ 1」

おじょじょじょ(第1巻)
クール教信者著
(バンブーコミックス:648円+税)
※古書を購入

クール教信者のマンガがまとめ売りされていたので購入した。
大財閥のお嬢様・地獄巡春がクラスに転校してきた。そのクラスには昭和ファッションを愛する変人・川柳徒然がいて、ボッチ同士なんとなくつるむようになった。そんな変人ふたりを監察するクラスメート・天道紅。そういう人たちの日常系マンガ。いちばん面白いのは地獄巡家の爺だな。かなり容赦がない。
クール教信者の描く目つきの悪い主人公キャラは、性別の判別が付きにくいけど・・・川柳徒然は男の子だった。となると、これはラブコメ系ということで・・・地獄巡さんは、超ツンデレということになる。いまでは懐かしい、わかりやすいツンデレ。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン エルマのOL日記 1」

小林さんちのメイドラゴン
エルマのOL日記
(第1巻)
原作:クール教信者
漫画:カザマアヤミ
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

人々を導き、秩序と調和をもたらす誇り高きドラゴン「聖海の巫女」・・・上井エルマ・・・人間界ではSE見習いとして小林さんのいる会社で働いている。すっかり忘れていたけど、エルマはトールを元の世界に連れ戻すために人間界に来たんだった。エルマ本人も忘れていたようだけど。
小林さんとエルマが働く地獄巡商事はけっこうブラックな職場だから、エルマが仕事をおぼえたら逃がしはしないだろう。会社が逃がさない以前に、小林さんが逃がさない。小林さんはすっかり社畜だからなぁ。しかも、エルマは意外と優秀で努力家だったりするし・・・。
『メイドラゴン』のスピンオフだけど、タッチが原作と似ているのか、ぜんぜん違和感がない。でも、小林さんが合コンに参加するとか、社員旅行とか・・・本編でも十分に使えるネタだよなぁ。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 7」

小林さんちのメイドラゴン(第7巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)

『メイドラゴン』の最新巻。古本の値下がりを待たず、つい、新刊を買ってしまった。
ズルズルとみんな仲良くなってしまい・・・エルマがカンナたちを引率してピクニックに行ったり、エルマとトールがなれ合いで戦ったり・・・。特に翔太くんは、ルコアに慣れてきたのか、ふつうに使い魔として接しはじめている気配。ルコアのショタコン属性はもっと強化しても良いように思う。
魔法使いの家系だから、翔太くんが魔法学校の昇級試験を受けることになった。翔太くんの父親にして小林さんの上司に頼まれ、みんなで試験に付き添うことになった。なぜか、小林さんまで試験を受け・・・筆記試験も実技試験も1位って・・・小林さんは魔法を使えるということだろうか? いったい、どんな魔法が使えるんだろう?
カンナちゃんの父親がやって来た。小林さんとお酒を酌み交わして、おかしなテンションになりそうな流れ・・・次巻に続く。