BOOK「マルドゥックシリーズ12 マルドゥック・アノニマス 5」

マルドゥック・アノニマス 5
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:amazon:772円)

第5巻が出たことに気づいて慌てて読み始めた。
ハンター勢力〈評議会〉が一堂に会する会合・・・新たな局面へと進んだ。違法エンハンサーたちを合法化し、能力をお金に換える=均一化の最終到達点を確認した。今後、市長派のシザースと戦うため、嗅覚に優れたエンハンサーの出番・・・ハンターは、ウフコックも仲間に加えたいともくろんでいたが・・・。しかし、シザースを見分ける方法を発見できずにいた。組織内で疑心暗鬼が広がり、ハンターへの共感に乱れが起きはじめ・・・ついに、マクスウェル率いる〈誓約の銃〉が暴走した。ステップフォード所長と〈円卓〉メンバーのメリルへの襲撃。全面的な組織分裂の危機に陥った。回避するためには、ハンターの能力を正しく使うためのもう一人の鏡が必要で・・・ハンターという人物に詳しい者・・・バロッド。
バロットを含めた〈イースターズ・オフィス〉のウフコック捜索は続いていた。バロットはレイ・ヒューズから銃の扱いと交渉術を習った。そして、二十歳の誕生日に、バロットが声帯再生手術を受け声を取り戻したまさにその夜。バロットの携帯にハンターからの電話が・・・。
シリーズ全体の山場を戦闘シーンにしないために、意図的に構成をいじったのだろうけど・・・次の巻で、バロットとハンターの対決が本当の山場になるのだろう。

BOOK「マルドゥックシリーズ11 マルドゥック・アノニマス 4」

マルドゥック・アノニマス 4
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:780円+税)

ハンターに捕獲されたウフコックをバロットが無双して回収した。なんと、600日以上が経過していた。その間、バロットは声帯の再生手術を受け、声を取り戻していた。そして能力の発展的応用で、チート超人のようになっていた。ウフコックの新たな使い手・・・絶対的な善としてバロットがヒロインとして躍り出た。
これまでの巻とは異なり、時間軸を逆転して・・・ウフコックが捕らえられていた過去を振り返る形で書かれている。バロットの成長過程、トレインと〈ウィスパー〉との電子捜査、新しい仲間と反撃体勢などなど。
ハンターは急速に勢力を増している。対するイースターズ・オフィスは、ハンターのバックグラウンドに焦点を当てて捜査を進めた。初めのうちは、なぜ、ハンターの過去が問題なのかピンとこなかったけど・・・いろいろつながりが見えてきて、シリーズ全体を改めて思い起こすことになった。
たぶん、次の巻でもバロットのチートな活躍が続くはず。

BOOK「マルドゥックシリーズ10 マルドゥック・アノニマス 3」

マルドゥック・アノニマス 3
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:780円+税)

購入してから、なんとなく1年以上放置してしまった。気がつけば、すでに第4巻も出ている。
バロットのロースクールへの進学が決まった。このシリーズで唯一のヒロインなのに、前巻まで、ほんのわずかだけしか登場しなかった。この巻からは、それなりに登場する気配・・・。
クインテットのボスであるハンターの勢力拡大が止まらない。新たにエンハンサー47人と8頭を加え、シティの闇の金を動かすカジノ協会をはじめとする全勢力に戦いを挑みはじめた。ウフコックはハンターのブローチに化けたまま、そのすべての成り行きを聞き取っていた。ここまでは、主人公がじっと蹲ったままで、悪役がドンパチ大活躍という展開だった。
ウフコックたちは、ハンターに対抗できる善の勢力を結集した。なかなか多彩な顔ぶれだけど、登場人物が多く、今後はかなり複雑な作戦が実行に移される。・・・しっかり読まないと理解できないくらい混沌としている。
ウフコックはハンターのスピード感に焦っているけど、意外に早く反撃がはじまった。でもなぁ、ハンターたちって強いんだよなぁ・・・。
さて、次の巻からはバロット&ウフコックのコンビが立ち向かう。

BOOK「マルドゥックシリーズ Preface of マルドゥック・アノニマス」

Preface of マルドゥック・アノニマス
冲方丁著
(ハヤカワ文庫:amazon:0円)
※Kindle版を購入

シリーズ第3巻が出ていないかとamazonを検索したら、Kindle版でだけ、こんなものが出ていた。というか、0円で配布されていた。無料なので、とりあえずDLしてみたら、なぜか読んだ記憶がある・・・『マルドゥック・フラグメンツ』に収録された『マルドゥック・アノニマス』の予告篇だけをKindle版にしたものらしい。
そうか、今になって気がついた。こんな予告編があったにもかかわらず、「アノニマス」がはじまることを忘れていたのか・・・。アノニマスの第1巻が出たことにしばらく気がつかず、読むのが遅くなったのだった^^;;
かなりネタバレを含む予告編のようで・・・たぶん、ウフコックは最後に殺されてしまうらしい。でも、もしかすると、その後にバロットを主人公にしたシリーズが続くような気がしなくもない。それはそれで楽しみではある。

BOOK「マルドゥックシリーズ9 マルドゥック・アノニマス 2」

マルドゥック・アノニマス 2
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:700円+税)

ウフコックが潜入捜査をしている状況の続き。
タイトルの「アノニマス」は、潜入しているウフコックが『誰にも認識されず、沈黙のうちに人々の全てを見通す匿名(アノニマス)の存在」になっているという意味らしい。まあ、ウフコック自身は、バロットにだけ見ていて欲しいと思っているようだけど・・・いつの間にか、バロットは本当にお姫様のような扱いになってしまった^^;;
基本的にこの巻は、能力(ギフト)持ちの敵対勢力「クインテット」に潜入したウフコックが、見聞きし、ニオイを感じて収集した出来事という形で描かれている。能力持ちに囲まれた窮屈な状況の中、存在を知られてはいけない状況での潜入調査なので、なにが起きても手出しができず、ストレスばかりをため込みながら・・・。その結果、ウフコックのモノローグは観察者として神の視点と同じで、クインテットのボスであるハンターが実質上の主役のように感じてきた。少なくともこの巻は、ハンターが主役だった。
でも、次の巻はウフコックが主役に戻りそうだ。そして、バロットも物語に絡んできそうな気配。

BOOK「マルドゥックシリーズ8 マルドゥック・アノニマス 1」

mardock_anonymous01マルドゥック・アノニマス 1
冲方丁著
イラスト:寺田克也
(ハヤカワ文庫:740円+税)
※古書を購入

完結が宣言されていたわけではないけど、「マルドゥックシリーズ」に新刊が出るとは思わなかった。しかも、第1巻からナンバリングされていて、第2巻も出ているからシリーズものらしい。つまらない内容の続巻が何冊か続いていたので、今回こそは、ちゃんとした内容だと嬉しいのだけど・・・。
「マルドゥック・スクランブル」の2年後のお話。ウフコックはその新しい相棒ロックを得て活動していた。内部告発をしたい依頼人とその弁護士を保護するために、ウフコックたちが動き出す・・・「五重奏(クインテット)」というエンハンサーの殺し屋集団との戦い・・・さらに謎のエンハンサー集団がいくつも絡んできて・・・。ウフコックもかなりのものだけど、新手のエンハンサーがたくさん出てきて、その能力(ギフト)による戦い方たるや何でも有りという感じ。ある種の超能力者、いや、モンスター同士の戦いみたいだ^^;;
バロットがすっかり更正して、ヒロインぽくなって、ちゃんと学校に通っていたりする。ちょっとお姫様ぽかったりする^^ でも、堅気の世界に生きているので、ウフコックたちの戦いに加わることはない。いまは、ロースクール進学を目指して勉強中。

BOOK「マルドゥックシリーズ7 マルドゥック・フラグメンツ」

mardock_fragmentsマルドゥック・フラグメンツ
冲方丁著
(ハヤカワ文庫JA:700円+税)
ISBN/ASIN:4150310318

昨年出版された、「マルドゥック・シリーズ」の最新巻。
文庫本の腰巻きによると、昨年、もっとも売れた本の1冊らしい。・・・たぶん、人気シリーズの最新巻だから売れたのだろうけど・・・正直言って、わたし的には、この巻はあまり夢中で読んだとはいえない。
マルドゥック・スクランブル3冊のように、息をつくようなアクションシーンの迫力もないし、カジノでの勝負のようなマニアックでいて緻密な描写もない。小ネタを掘り下げて短編集を書くくらいなら・・・もう、そろそろこのシリーズは封印でいいのではないだろうか。
それなりにしっかり書かれてはいるけど・・・ニッチなお話をこれ以上だらだらと書いても仕方がないし、誰も喜ばないように思うのだが・・・。