BOOK「ミニスカ宇宙海賊 2 黄金の幽霊船」

ミニスカ宇宙海賊
2 黄金の幽霊船

笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

宇宙海賊船弁天丸の船長となった茉莉香。お座敷営業で超大型客船への海賊行為中、密航者の少女に乗り込まれてしまった。密航者は、セレニティ星王家第七正統皇女グリュエール・セレニティ。先代船長の縁もあり、保護したグリュエール皇女は白鳳女学院に留学生として迎えられた。
グリュエールが弁天丸に接触した目的は、「黄金の幽霊船」を探索させること。政治的なキナ臭さを漂わせながら、王室の機密情報を取り寄せ・・・幽霊船が現れそうな暗黒星雲へ・・・。見習い同然の新米船長ながら、茉莉香は過酷な暗黒星雲内での時空震にもセレニティ艦隊にも動じることなく・・・かなり無謀な指揮を執る。
そこに、グリュエールの妹・グリュンヒルデ皇女が王室の艦隊を引き連れ・・・姉妹二人で口喧嘩・・・。ネタバレになるからオチは書かないけど・・・この姉妹喧嘩、妹の言い分というか目的がよくわからない。何をしにわざわざ軍艦まで繰り出して、幽霊船にやって来たのか? そもそも、娘二人の意味不明の暴走を止められない王家の衰退はいうまでもないことなわけで^^;

BOOK「ミニスカ宇宙海賊」

ミニスカ宇宙海賊
笹本祐一著
イラスト:松本規之
(朝日ノベルズ:1,000円+税)
※古書を購入

久しぶりに、読み応えのありそうな古いラノベのセットを買った。以前、『モーレツ宇宙海賊』というタイトルでアニメ化されたラノベ。アニメはちゃんと見ていた。続巻というか、新シリーズが出るようだ。
宇宙海賊は廃れて絶滅寸前ながらも、宇宙海賊弁天丸は私掠船免許を持つ由緒正しい海賊船。その船長を受け継いだ白鳳女学院の女子高生・加糖茉莉香。弁天丸での海賊稼業と、高校ヨット部でのお話。ただし、このヨットは宇宙ヨットのこと。
まずは最初の巻なので、茉莉香が弁天丸の船長になるところから。・・・茉莉香は、海賊の船長になることの意味が全く理解できていなくて、軍や警察、ギャングたちから注目を集めながらも脳天気な様子。
白鳳女学院に教師として、海賊船弁天丸のクルーであるケインとミーサが潜入した。ケインはヨット部の顧問として、茉莉香やチアキたちヨット部の部員たちと共に元宇宙海賊船・白鳥号ことヨット部の練習船「オデットII世号」で試験航海へ・・・。そこに、謎の宇宙船から電子戦が仕掛けられた。ケインとミーサには内緒で電子戦に挑む茉莉香たちヨット部員。それをこっそりモニターして、茉莉香の力量を探るケインとミーサ。
で、結局、茉莉香は海賊船船長と高校生の二足のわらじをはくことになった。まあ、ノリの良いヨット部の面々は、技術的にもなかなか優秀で、今後どんな活躍・・・暴走を見せるものやら。

劇場版アニメ「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」


モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
(2014年)
Amazonプライムで無料だったテレビアニメ『モーレツ宇宙海賊』の劇場版。原作のラノベ『ミニスカ宇宙海賊』は、古本が安くなったら読もうと思っていつの間にか忘れていた。テレビ版は2012年の放送で、5年前のことなのにずいぶん懐かしく感じる。
女子高生・加藤茉莉香が宇宙海賊船「弁天丸」の船長というお話なので、劇場版も当然そういうエピソード。茉莉香が海賊の営業中に救出した少年を廻る外伝的な内容。女の子がたくさん出てくるアニメなので、有名どころの声優さんがたくさん出ている。ちょい役だけど、声優・小見川千明の声を久しぶりに聞いた。
テレビ版でも感じたことだけど、ちゃんとキャラ設定されているというか、女の子たちの私服がみんなオシャレで可愛い。でも、個人的には『ミニスカ宇宙海賊』のタイトルで、パンツアニメにして欲しかった^^;;

アニメ「モーレツ宇宙海賊」

moretsupirate.jpg
モーレツ宇宙海賊」(全26話/2012年)
今年の1月から6月まで放送されていたアニメ。・・・女子高生が突然、○○○になってしまうという典型的なお話。タイトルが示すとおり、それまでふつうの女子高生だと思っていたヒロインが、いきなり宇宙海賊船「弁天丸」の船長になってしまうというお話で、勇猛果敢にドタバタするという物語。熱血っぽい内容なので、ちょっと暑苦しい・・・^^;;
原作はラノベで、「ミニスカ宇宙海賊」とかいうシリーズだったはず。アニメ化される前に、読んでみようかとも思ったけど、なぜか断念した。理由は思い出せない。