コミックス「かくしごと 2」

かくしごと(第2巻)
久米田康治著
(月刊少年マガジンコミックス:amazon:660円)
※Kindle版を購入

後藤可久士の元担当編集たちから、漫画原作とアニメのキャラデザインの仕事を受け・・・(A)と(F)に分裂した。この話、アニメにはなかった。
デジタル化に踏み切ったのに、アシスタントがいつも顔を揃えている。実際の久米田プロは完全在宅勤務らしいけど、コロナウイルス対策にもなったんだろう。
締め切りネタには「輪転機を止める」という言葉がよく出てくるけど、印刷が遅れることの本当の意味合いは、実はその先にある。ン十万部の雑誌が首都圏なら発売日の朝、昼過ぎには全国のコンビニ、書店、駅売店に並べなければならない。同日発売の他の雑誌と混載で、次々にトラックが出発していく。配送の再手配で、大手印刷会社の担当課長はたいてい胃に穴が開く。ついでに、雑誌を刷る印刷機と食品パッケージを刷る印刷機は別物。

コミックス「かくしごと 1」

かくしごと(第1巻)
久米田康治著
(月刊少年マガジンコミックス:amazon:0円)
※Kindle版を購入

前期のアニメでやっていた『かくしごと』の原作まんが。『絶望先生』や『かってに改蔵』・・・独特のノリのコメディを描く久米田康治だけど、姫ちゃんのような可愛い女の子も描けるのかと驚いた。原作まんがも、コメディとは思えない爽やかな絵で・・・。もしかして、実生活でも愛娘が誕生したのか?
後藤可久士、下品な下ネタまんが「きんたましまし」の作者でありながら・・・10才の娘・姫にはひた隠し、サラリーマンと偽っている。母親は亡くなり父子家庭。姫ちゃんの担任・六條一子をはじめ、後藤可久士が無自覚にフラグを立ててしまった独身女性たち、アイドル志望の女子高生、担当編集やアシスタントたち登場人物を一気に揃えた。基本は、一致団結してまんが家隠蔽には協力。一人、担当編集以外は。
同時に、18才になった姫ちゃんが、父親の秘密を知るもうひとつの時間軸。死んだのか失踪したのか、父・後藤可久士はいない。

アニメ「かくしごと」


かくしごと
(全12話/2020年)
神谷浩史の一声で久米田康治の原作だとわかるアニメ。まあ、神谷浩史なので、時々、阿良々木くんに見えてしまうのは仕方がない。期待通りに面白かった。
父親がお下品な下ネタ満載のマンガを描くマンガ家で、溺愛する娘に職業を隠し続けている、という状況でのドタバタコメディ。タイトル落ちではあるけど、姫ちゃんが可愛いから問題なし。久米田康治って、こういうキャラも描けるのかぁ。
各話タイトルは、いろいろなマンガタイトルのパロディだけど、「最終回平気彼女」(元ネタは『最終兵器彼女』)はツボにはまってちょっと笑った。
いま、学校では同級生に親の職業を聞いてはいけないらしい。たしかに、職業差別からイジメなんかが起きそうな気がする。でもその割りには、子どもとみたら「大きくなったら何になりたい?」とか聞きまくっている。「夢をもって頑張ろう」などとも言う。夢を職業だと考えると、実現できた人間は立派で、そうじゃない人は・・・。絶望した! 知らず知らずに差別感情を教え込んでいる学校教育に絶望した!
原作はかなり巻が進んでいて、途中をかなり飛ばしたのだろうけど、それなりにちゃんとした最終話になっていた。

コミックス「なんくる姉さん 1」

なんくる姉さん 1
漫画:ヤス
原作:久米田康治
(講談社:602円+税)
※古書を購入

深夜アニメを見ていたら、このマンガのCMが流れていたので、試しに古本を買ってみた。
タイトルからの推測は、沖縄を舞台としたゆるゆるの日常系コメディだろうと思ったのだけど・・・久米田康治のごちゃごちゃもので、今ひとつ何がおもしろいのか良くわからないマンガだった。
主人公の兄と妹にはそれぞれ強めのキャラ付けがあるけど、空回りしていてどこで笑っていいのかわからなかった。なんくる姉さん自身は、魅力的な容姿ではあるんだけど、キャラがはっきりしないし・・・全体的なキャラとして、あまり魅力的とも思えないし・・・。
・・・わたしの中では、短命な作品だった。

アニメ「かってに改蔵」

kattenikaizou1_2.jpg

コミックス/アニメ「さよなら絶望先生」の作者・久米田康治による原作のOVA「かってに改蔵」(上巻:第2話まで収録)を見た。・・・たぶん、上中下巻に各2話収録の全6話になるらしいけど、まだ中巻までしか発売されていない。

「さよなら絶望先生」同様に、主人公のキャラクター設定だけで成り立っているお話^^; 「自分は改造人間だ」という思いこみをもつ主人公・勝改蔵と、その思いこみにあきれる周囲の人物たちという構図。
原作のまんがは読んでいないし、第2話まで見ただけなので・・・いまのところ、特に感想もない^^;;

 

コミックス「さよなら絶望先生 18-19」

zetsubousensei18-19.jpgさよなら絶望先生(第18~19巻)
久米田康治著
(講談社)
第18巻:ISBN/ASIN:4063841701
(419円+税)
第19巻:ISBN/ASIN:4063842081
(419円+税)

このマンガ、なんとなく勢いで読み続けている。とくに面白いというわけではないのだけど・・・^^; 腰巻きに書いてあることがウソでなければ、もうじき終わりらしい。
当初のキャラ設定が崩れてきてるし、そもそもそんなの関係なくストーリーが進むようになったし・・・かなりマンネリ化してるしなぁ~。

アニメ「さよなら絶望先生[序] 俗・絶望少女撰集」

zetsubousensei-jo-DVD.jpg以前、何となく勢いでamazonに予約していた新作のアニメDVD・・・少し前に届いていたけど、忙しかったので今日ようやく見た。

なんだ・・・以前放送していた第一シリーズの焼き直しではないか^^; オンエア時にテレビをずっと録画していたので、このアニメ自体は全話持っていた^^; では、オリジナルのDVDを所有したいほど好きなアニメかというと、そうでもない^^; 多少は映像得点などもあるけど・・・買って失敗した^^;
新しく発売されるDVDだと言うだけで、よく調べもしないで買った自分の責任なんだけど・・・これがamazonの問題点なんだよな^^; amazonの商品紹介ページは価格だけで、ほとんど情報らしい情報が掲載されていない。アニオタ的には、事前にちゃんと公式サイトで調べて、その上で納得して購入しないといけないのだろうけど・・・。しかし、やはりamazonが不親切であることに違いはない。