BOOK「ストックホルムへの廻り道 私の履歴書」

ストックホルムへの廻り道
私の履歴書

大村智著
(日本経済新聞出版社:1,600円+税)
※古書を購入

2015年に「線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見」により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生の著書。
生い立ちからはじまり、研究者の道に進み、北里研究所の経営、女子美術大学理事長と韮崎大村美術館の設立、そして郷里に温泉を掘ってしまうところまで、文字通りに「履歴書」的な自伝。
大村先生が開発した治療薬によって数億人が救われたといわれ、ノーベル賞受賞の報道の時は日本中が驚いた。わたしも何かで読んで、おぼろげながらその功績はしっていたけど、正直いって驚いた。ノーベル賞こそ受賞していないけど、実は、日本にはこういう功績のある科学者が何人もいる。日本人として誇らしいことだけど、一般には知られていないんだよなぁ。

BOOK「大村智物語 ノーベル賞への歩み」

大村智物語
ノーベル賞への歩み

馬場錬成著
(中央公論新社:900円+税)
※古書を購入

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授についての本。
似たような本を最近読んだけれど・・・細かいことはともかく、アウトラインだけでも記憶に留めておくために、類似書を2冊続けて読むのやよくやることではあるんだけど・・・先に読んだ『大村智 2億人を病魔から守った化学者』と内容が同じすぎる。と思ったら、著者が同じだった。しかも、あとがきに書いてあったけど、この本は前著の普及版という位置づけらしい^^;; 購入時にもう少し慎重に確認するべきだった。内容的には、こちらを読むだけで十分だった。
だからといって、別の著者の本をもう一冊読む気にはならないけど・・・^^;

BOOK「大村智 2億人を病魔から守った化学者」

大村智
2億人を病魔から守った化学者

馬場錬成著
(中央公論新社:2,100円+税)
※古書を購入

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授についての本。受賞から時間が経ち、古本の値段が下がってきたので、そろそろと思って読むことにした。仕事の資料というわけではないので、急ぐ必要もないんだけど。
日本人受賞者があまり多くはない生理学・医学賞だったので、受賞当時、マスコミ報道や北里大学のHPでいろいろ情報は得ていたけど、やはり、本にまとめられているとよくわかる。2億人を病気から救ったといわれる医療薬「イベルメクチン」を開発した。北里研究所の経営を建て直した。いつも小さなポリ袋を持ち歩き土壌サンプルを集めている。美術にも造詣が深く、女子美術大学を支援したり、私費で韮崎大村美術館を設立した・・・などなど、改めて話題が豊富な研究者だと実感した。