BOOK「妹さえいればいい。 3」

妹さえいればいい。(第3巻)
平坂読著
イラスト:カントク
(ガガガ文庫:574円+税)
※古書を購入

ここまで、ラノベ作家あるあるで来たけれど・・・ようやくストーリー的なものが出てきて、京と春斗の恋バナに動きが出てきた。でもこの二人、どちらも主人公ではないのだが・・・。で、カニ公が発案して京のサプライズ誕生会。遊園地でのダブルデートだけど、春斗の件はあっさりケリが付いた。
「禁書目録・・・劣等生・・・俺妹マリみてノゲノラ落第騎士デアラ俺ガイルSAOはがないエロマンガ青春ブタ野郎ストブラ犬ハサ魔技科さくら荘ワルブレ黒歴史チャイカ神装機竜」・・・すべて妹キャラが出てくる作品らしいけど、意外なことに、けっこう読んでいる(読めなかった作品もいくつかある)。アニメで知っている作品を加えると、半分を超えている。でも、わたしの場合、妹属性は関係がないんだけど。
アシュリーに千尋の性別がばれた。たぶん、そのうち刹那にもばれて・・・最終的には伊月以外の全員にばれるのだろう。そして最後の最後が伊月で・・・どう対応するかが想像できない。きっと、千尋のパンツを食べるんだろうな^^;;

BOOK「妹さえいればいい。 2」

妹さえいればいい。(第2巻)
平坂読著
イラスト:カントク
(ガガガ文庫:574円+税)
※古書を購入

第2巻になっても、各登場人物の細かな設定を付け加えているだけで、これといったストーリー的な展開がない。千尋くんが実は女の子で、義理ではあるけれど妹でしたという種明かし後の動きもない。ラノベ作家の日常系なのだと言われてしまえばそれだけだけど・・・。
カニ公が、全裸にならないと執筆できないという性癖はなんとなくわかる。わたしも取材先のホテルで夜仕事をするときは、裸でパソコンに向かっていることがある。確かに集中力は上がるけど・・・なぜか、自宅では裸で仕事はしない。
締め切り(仮)と真・デッドラインの話は作家モノにはよくあるけど、週刊誌のラインを持っている出版レーベルには裏技があるというのは本当だろうか? オフ輪を回せるかどうかの違いだろうけど、出版社が自前のオフ輪を持っているわけじゃないだろうし・・・。
この巻で唯一、ストーリー的な動きがあったとすると・・・春斗の『絶界の精霊騎士』がアニメ化され、第1回目の放送があったこと。京の涙で、フラグが立ってしまったんだろうか?

BOOK「妹さえいればいい。」

妹さえいればいい。
平坂読著
イラスト:カントク
(ガガガ文庫:574円+税)
※古書を購入

『はがない』の平坂読の新シリーズ。妹ものなので見送っていたけど、アニメを見て平気だったのと・・・『エロマンガ先生』を読んで耐性が付いたらしいので手を出してみた。イラストは『変猫』のカントク。
ライトノベル作家・羽島伊月・・・どうしようもないくらいの妹キ●ガイ。そして千尋くんは、成績優秀でスポーツ万能、かいがいしく妹キ●ガイの義兄の面倒を見る美少年の義弟くん。アニメの時も、この原作ラノベの最初の挿絵も、完全に出オチ状態^^;; まあ、わかっていても楽しく読める。
第1巻目なので、前半は登場人物を揃えるところから。担当編集者の土岐健次郎。伊月に憧れるラノベ作家・可児那由多。大学時代の元同級生・白川京。イケメンのライバル作家・不破春斗。イラスト担当の恵那刹那。税理士の大野アシュリー。この巻にはストーリーらしきものはぜんぜんなかったなぁ。
エアコンが壊れて寒いといって沖縄に行き、いくらが食べたいといって北海道に行く。バブル時代に流行ったような・・・。売れてるラノベ作家はバブル時代の経済感覚で生きているということだろうか? 儲かってるんだろうなぁ^^;;
TRPGには興味があるけど、リアルではメンバーが揃いそうもない。