コミックス「小林さんちのメイドラゴン 8」

小林さんちのメイドラゴン(第8巻)
クール教信者著
(双葉社:600円+税)

カンナちゃんの父親・キムンカムイが、カンナちゃんを連れ戻しに来たところから。カンナちゃんが壊した龍玉から流れ出た力を回収するという。その結果、カンナちゃんと父親との関係は壊れたままなわけだけど・・・。
意外な人物が登場した。翔太くんのお父さんにして、小林さんの会社の専務。魔法使いの家系という伏線があったけど、意外な登場の仕方。
ドラゴンたちに戦いをけしかける魔法使いアーザードをやっつけて、ドラゴンたちの戦いを止め、カンナを取り返すって・・・まるで正統派の流れ。しかも小林さん、意外にも正統派のヒーローをやってしまった。・・・小林さんって、200年も修業したら戦える程度に成長できる才能があるらしい。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン エルマのOL日記 1」

小林さんちのメイドラゴン
エルマのOL日記
(第1巻)
原作:クール教信者
漫画:カザマアヤミ
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

人々を導き、秩序と調和をもたらす誇り高きドラゴン「聖海の巫女」・・・上井エルマ・・・人間界ではSE見習いとして小林さんのいる会社で働いている。すっかり忘れていたけど、エルマはトールを元の世界に連れ戻すために人間界に来たんだった。エルマ本人も忘れていたようだけど。
小林さんとエルマが働く地獄巡商事はけっこうブラックな職場だから、エルマが仕事をおぼえたら逃がしはしないだろう。会社が逃がさない以前に、小林さんが逃がさない。小林さんはすっかり社畜だからなぁ。しかも、エルマは意外と優秀で努力家だったりするし・・・。
『メイドラゴン』のスピンオフだけど、タッチが原作と似ているのか、ぜんぜん違和感がない。でも、小林さんが合コンに参加するとか、社員旅行とか・・・本編でも十分に使えるネタだよなぁ。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 7」

小林さんちのメイドラゴン(第7巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)

『メイドラゴン』の最新巻。古本の値下がりを待たず、つい、新刊を買ってしまった。
ズルズルとみんな仲良くなってしまい・・・エルマがカンナたちを引率してピクニックに行ったり、エルマとトールがなれ合いで戦ったり・・・。特に翔太くんは、ルコアに慣れてきたのか、ふつうに使い魔として接しはじめている気配。ルコアのショタコン属性はもっと強化しても良いように思う。
魔法使いの家系だから、翔太くんが魔法学校の昇級試験を受けることになった。翔太くんの父親にして小林さんの上司に頼まれ、みんなで試験に付き添うことになった。なぜか、小林さんまで試験を受け・・・筆記試験も実技試験も1位って・・・小林さんは魔法を使えるということだろうか? いったい、どんな魔法が使えるんだろう?
カンナちゃんの父親がやって来た。小林さんとお酒を酌み交わして、おかしなテンションになりそうな流れ・・・次巻に続く。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 6」

小林さんちのメイドラゴン(第6巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

思ったより続巻が出ていなくて、これが現在の最新巻。あまり安くなかったけど買ってしまった。
この巻をまとめると・・・人間は姿勢が悪いだけで腰が痛むようになってしまう。ペルセポネまで行かずともデモポンくらいの扱いにはなっていないかい? 小林さんの純潔はトールのもの。イルルが駄菓子屋でバイトをはじめた。タケトには性欲がある。小林さんはメイド服が似合わない。メイド服とは・・・心に纏う奉仕の精神! 男のカッコよさは外面を作ることからはじまる。コストとノルマをエルマに説明! エルマはパワー型でトールは万能型。人間害悪皆殺し。
小林さんが働く会社の専務・・・前に翔太くんの父親で魔法使いだと明かされていたけど、世間がものすごく狭い。狭すぎやしないか・・・。最後の方で、トールの父親が出てきて丸い感じだし、まじめにトールの昔話なんかはじまって・・・もしかして、完結に向かって動いているんじゃないか?

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 5」

小林さんちのメイドラゴン(第5巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

5巻くらいになると、作者もキャラを描き慣れてきて、トールがずいぶん可愛くまとまってきた。いかんせん、小林さんがアレだからな、トールは可愛くないとマンガがもたない。
滝谷君って、案外無謀な人だよね。ファフさん言うな。花と竜って似合わない気がしますよ。小林さんの身体ごと破壊しそうで・・・。右隣の住人は笹木部さん。むしろ私を恐れてください!! 地元最強の不良、破滅の龍さんだ。才川ー、早く遊ぼー。弱点はあの胸です。なんか働くことになりました。世を統べる影の王に奉らわん、外法を以て是を最上とすべし、願うは豊穣、品足る礼讃、値を変え更なる碑を齎せ給え…我が魔は泥として広がり穢れを、我が理は浸食し狂気の氾濫を…正しき偽りへと書き換えを果たせ!おいしくなーれ萌え萌えきゅん! メイド服動きにくくないですか。ちょっと二人で回ろうか。・・・まとめるとこの巻はこんな感じ(読んでいない人には意味不明だろうけど)。
ついに小林さんがトールにデレた。危うく完結したのかと思ってしまった。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 4」

小林さんちのメイドラゴン(第4巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

イルルが新ドラゴンとして登場したけど、面倒なキャラなのでアニメにしなくて正解。それに、わたしは個人的に、イルルのような露出過多の巨乳幼女って、まったく魅力を感じない。
トールと小林さんの出会い。トールに刺さっていた聖剣を抜いたから、小林さんは精神をやられてしまったのか・・・でも、もしかすると、「聖剣を抜く」という行為は選ばれし者の証しではないかと・・・。
トールは小林さんのためならいくらでも頑張れる。イルルは混沌勢の最過激派。トールが温泉でポロリ。ドラゴンは素で巨乳。小林さんがハデスを倒した。エルマはドラゴンなのでスペックが高い。小林さんは混沌勢のような目つきをしている。小林さんが朝にアレしちゃうアレ。小林さんとと生殖したい。・・・この巻をまとめるとこの巻はこんな感じ。
イルルは魔法で小林さんにアレを付けることができるんだから、胸を少し大きくしてあげることくらいできるんじゃないかと・・・でも、小林さんがNHに見えてしまうかも知れないけど・・・。

コミックス「小林さんちのメイドラゴン 3」

小林さんちのメイドラゴン(第3巻)
クール教信者著
(アクションコミックス:600円+税)
※古書を購入

まとめ買いしたけど、年末年始はアニメばかり見ていて、以外にまんがを読めなかった。
この巻を簡単にまとめてみると・・・トールは寝るとものすごい歯ぎしりをする。ベーコンエッグはマジでありえない。エルマは調和勢、トールは混沌勢。小林さんの勤務先は地獄巡商事はいうほどブラックではない。トール!ケツ見せろ。ルコアさんは元神。いまは痴女。むかしのトールの口調はおっさん臭い。イルルはどたぷ。
小林さんはかたくなにトールの尻尾を食べないけど、一度くらいは食べてあげるべきではないかと思う。トールがあれほど熱心に勧めるのだから、きっと美味しいのだろうし、経済的にもメリットがある。疲労回復とか、なんらかの効果も期待できそうだし・・・。ドラゴンの肉、わたしなら食べてみるのだが・・・。