成年コミックス「The Pink Album」

18禁
The Pink Album
新堂エル著
(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL:1,100円+税)
※古書を購入

短編集なので、統一されたストーリーはない。
新堂エルは、単純なエロマンガではなく、いつもちょっとクセのある変化球を投げてくる感じのマンガ家という印象があり、この短編集にもいくつか面白い設定やシーンがあった。どの短編がどうというほどのことでもないけど。
ただ、この短編集は、絵のタッチに統一感がないというか、多彩というか・・・短編によって違いがあって好みが分かれるところ。レーベルのトーンなのかも知れないけど、表紙も今までにない感じだし。
でも、新堂エルの才能を感じさせる内容ではあった。

成年コミックス「TSF物語」

18禁
TSF物語
新堂エル著
(MUJIN COMICS:1,000円+税)
※古書を購入

「TSF(Trans Sexual Fiction)」・・・いわゆる性転換ものの成年マンガ。
薬の副作用で女の子になってしまった男子高校生タクミくんの連作短編を中心とした短編集。途中、何作か別の短編が挿入されている。
TSものマンガは、絵だけでは男なのか女なのかわからないというか、最初から美少女に描かれててしまうので今イチ性転換した前後で、人物像の変化がはっきりしない。逆をいうと、二次元だからこそ美少女に表現できるともいえるのだけど。
TSものは陵辱的な展開になることが多く、ワンパターンになりがち。でも、この新堂エルという作家には、なんらかのオリジナリティがあるのではと期待していた。最初は鬼畜展開だったけど、最後は予想外のハッピーエンドで、なんとか合格点という感じ。まあ、エロマンガに多くを期待するなということなんだろうけど・・・。

成年コミックス「新堂エルの文化人類学」

18禁
新堂エルの文化人類学
新堂エル著
(MUJIN COMICS:1,095円+税)
※古書を購入

amazonで文化人類学関係の本を検索していたら、1冊だけアダルト指定の成年コミックスが出てきた。エロマンガなのに、「文化人類学」という単語がタイトルに含まれているから。
齋教授の研究室で学ぶ女子大生・宮下直海。単位を取るために、齋教授のフィールドワークに付き合わされる。細かな設定を説明しないといけないため、やたら文字が多くて、全体的なエロ感は減っている。
奇祭に参加させられ神様に犯されるは、大ダコに犯され子どもを産まさせられるは、南の島に村入りして家畜として飼われるとかしながら、なんとか無事に生還。さらにゾンビパウダー入りのクッキーを食べて、性交した男をゾンビ化しながら、黄泉の国の神の子を産むは・・・乱交や出産などグロっぽいシーンもあるけど、ここまでやるとちょっとコメディっぽくも見える。こんなに悲惨な目に遭わされた宮下さんが、最後になんか魅力的に見えてしまうのはなぜだろう?