BOOK「ニュートリノで探る宇宙と素粒子」

ニュートリノで探る宇宙と素粒子
梶田隆章著
(平凡社:1,800円+税)
※古書を購入

「スーパーカミオカンデ」による研究でニュートリノ振動を発見し、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田先生の著書。ニュートリノというと、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊先生にはじまる日本のお家芸的分野だけど、梶田先生はその小柴先生のお弟子筋に当たる研究者。
この本はニュートリノ研究の歴史的経緯から物理学的な意義、素粒子としての特性などを詳しく解説していて、わたしのレベルでいえば、文字通り、腰巻きに書かれた「いちばんよく分かるニュートリノの本」かもしれない。真剣に読み込めばだけど・・・。
でも、梶田先生の伝記的な要素はなく、人物像などはなにも書かれていなかった。ノーベル賞受賞者とはいえ、もう偉人として特別な個性を求めても仕方がない時代になってしまったのかなという気もするけど・・・ニュートリノが身近な存在ではないだけに、多少のとっかかりとしての人物像くらいは知りたいと思うんだよな^^;;