BOOK「物理学天才列伝 下 プランク、ボーアからキュリー、ホーキングまで」

物理学天才列伝 下
プランク、ボーアからキュリー、ホーキングまで

ウィリアム・H・クロッパー著
水谷淳:翻訳
(講談社ブルーバックス:1,300円+税)
※古書を購入

上巻を読んで、なかなか下巻には手が伸びずにいたけど・・・一念発起。下巻は、量子力学、原子核物理学、素粒子物理学、天文学・天体物理学・宇宙論の四章。「物理学の世紀」と言われる20世紀のトピックスを網羅している。紹介されている人物の中で、リーゼ・マイトナーだけ、記憶にない名前だった。プロトアクチニウムの発見や核分裂の研究などに業績のあった学者。
物理学の世界では有名どころが勢揃いしているけど、登場する人数が増えた分だけ、扱いがあっさりして・・・逆に研究内容や業績の解説の割合が増えた印象。順に読んでいく分には上巻より楽だったけど・・・素粒子のように目に見えない世界に突入して、テーマ自体が難解になったせいもあり、面白みは半減している。まあ、興味の持ち方次第だろうけど・・・。

BOOK「物理学天才列伝 上 ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで」

物理学天才列伝(上)
ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで

ウィリアム・H・クロッパー著
水谷淳:翻訳
(講談社ブルーバックス:1,300円+税)
※古書を購入

科学者の伝記を読もうかと思って、amazonで何気なく古書を買ったら・・・予想以上の厚さに一瞬怯んだ。幸いにも、数式はあまり登場せず、読み飛ばしても流れは理解できる。でも、読み終えるのに苦労したから、下巻にはしばらく手が伸びないかも知れない。
この巻で紹介されている物理学者は、有名どころだけあげると、ガリレオ、ニュートン、ジュール、マクスウェル、アインシュタインなど。
個人的に、ガリレオとニュートンの力学、ファラデーとマックスウェルの電磁気学、アインシュタインの相対論には比較的馴染みがあったけど、第2章の熱力学にはあまり馴染みがなくおもしろく読めた。登場する科学者も、ジュール以外はほとんど記憶にない名前ばかり。読んでいて、このあたりを解き明かしたのはこの人の業績なのかと気づくことも多かったけど・・・たぶん、三日も過ぎると、名前は忘れてしまうことだろう^^;