BOOK「王手桂香取り! 3」

王手桂香取り!(第3巻)
青葉優一著
イラスト:REI
(電撃文庫:610円+税)
※古書を購入

中学生将棋大会団体戦は惜しくも2位だった。そして夏休みが明けて、次はペアマッチ将棋大会。こういう将棋がラノベで描かれるのは初めて見た。将棋とはいえ、卓球やバトミントンのダブルスと同じで、二人のレベルが揃っていないと実力は発揮できない。将棋の場合、それとは違ったペアの意義があるんだろうか? まあ、ラブコメ的には、あゆむと桂香先輩の関係には影響があるけど・・・。
この大会のラスボスは、母親と息子のペア・・・栄村親子。息子の陽太くんは小二なのに奨励会クラスの実力。桂香先輩にとっては中学最高の思い出となったけど・・・あゆむ、完全にカンニングだ。対して陽太くんは立派だ。藤井聡太くんの子ども時代のように、負けても泣かなかった。プロを目指す覚悟もある。
「将棋の女王様に微笑まれる棋士」というと格好良く聞こえるけど、こういうカンニングのようなことをしている実態を読んでしまうと、素直にあゆむを応援できないなぁ。あゆむは大橋名人の弟子になり、奨励会に入ってプロ棋士になる。きっと、名人位にも手が届くのだろうけど・・・やっぱり、どう考えても反則だな。
この巻になって、将棋の神様たちのことを「駒娘」と表現しはじめた。小さなことだけど・・・こういうノリをもっと前面に立てて欲しかった。
<完結>

BOOK「王手桂香取り! 2」

王手桂香取り!(第2巻)
青葉優一著
イラスト:REI
(電撃文庫:630円+税)
※古書を購入

全国大会に向け、特訓をはじめようという矢先・・・いきなり真の将棋神女王・玉がご光臨! たいそうな表現の割には、この神様、意外にキャラ薄いな。おまけにチョロい^^;;
中学生将棋名人戦で桂香先輩を破って優勝した西本くん・・・今回のラスボスはこの西本くん。神様によると、奨励会三段の実力らしい。
中学生将棋大会団体戦決勝・・・これが山場だけど、こういう結末になってしまったか・・・。あゆむが将来プロを目指すのかはっきりしていないけど・・・正直いって、彼はチートな反則師匠がいるわけで、それで強くなったとしても、胸を張れるんだろうか? ちょっと違う気がするんだけど・・・。
中学生が部活で日本一を目指すというお話だったから、大会のシーンは盛り上がったけど・・・登場人物全員ふつうで善い人すぎるんだなぁ。女子小学生も幼児も出てこない。巨乳のお姉さんはいるけどエロさがない。そもそも、将棋ものなのに、変態が出てこない・・・。だから、かなり物足りない。

BOOK「王手桂香取り!」

王手桂香取り!
青葉優一著
イラスト:REI
(電撃文庫:550円+税)
※古書を購入

リアルのプロ棋士・・・藤井聡太七段の活躍で、将棋がブームらしい。サブカルでも『3月のライオン』や『りゅうおうのおしごと』がヒットしているけど・・・あまり話題にならなかった将棋ラノベを見つけた。完結しているかは不明だけど、第3巻まで出ている。2014年に出ているから、まだこのころ藤井聡太くんはプロにはなっていない・・・って、まだ小学生だよ。
『3月のライオン』や『りゅうおうのおしごと』はプロ棋士を描いているけど、この小説は中学校の部活と街の将棋教室のお話。当然、奨励会には入っていない。主人公の上条あゆむは、アマ初段(中一)、名人の娘・大橋桂香先輩アマ五段(中三)に想いを寄せている。将棋が強くなったら、見直して振り向いてもらえる・・・という考えは中学生あたりが勘違いしそうなことだ^^;
あゆむは、プロ棋士の息子・相良純一(小三)アマ三段には手も足も出ない。そんなふがいなさに業を煮やした桂馬、香車、歩の駒の付喪神のような女性が3人出てきて、以後、チートなアドバイスで急激に実力をつけていった。
中学生将棋大会団体戦東日本大会で最大のライバルは二階堂くん・・・横歩取りが苦手・・・やっぱり大橋桂香に想いを寄せている。将棋ものには「二階堂」という名前がよく出てくるな・・・「あゆむ(歩)」という名前も。