コミックス「甘々と稲妻 10」

甘々と稲妻(第10巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

けっこう早いペースで時間が進む。もう夏休みが終わって二学期になって、小鳥の調理師学校の面接まで終わって、あっという間に10月になった。つむぎちゃんの成長を追いかける子育てがメインになってきた感じ。
「食」の方はどんどんグルメ化して、もう初心者の域ではなくなった。そもそも、公平が苦労しながら作るシーンがなくなったし、人が作っているのを見てこれなら自分でも作れそうとか、普通に思うようになったりしている。
この巻で作った料理は、とは言い切れないものもあるけど・・・うどん、マヨネーズ、和風ドレッシング、すき焼き、イクラのしょうゆづけ、づけ丼、おでん。
残り2巻で完結。小鳥の高校卒業あたりで終わりだろうか?

コミックス「甘々と稲妻 9」

甘々と稲妻(第9巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

つむぎちゃんというか、作者というべきか、ようやく、つむぎちゃんの髪が鬱陶しいことに気がついてくれた。ショートボムまで短くなったから、他の登場人物と並んでも違和感がなくなった。小鳥は、せっかくの水着回にもかかわらず、全くサービス精神ゼロ。
つむぎが夏休みの自由研究に肉じゃがを作った。小学一年生の宿題にしては高度すぎないだろうか。少なくとも、わたしが小学一年の頃は、そんな宿題はなかったはず。
この巻で作った料理は、コーヒー牛乳ゼリー、カネロニ、オイスターソース焼きそば、肉じゃが、フィッシュカレー。
カネロニ、食べたことはないけど、輸入食材店で見たことはあるな。形状からして、中に何かを詰めるのだろうとは思ったけど、こういう料理だとは知らなかった。

コミックス「甘々と稲妻 8」

甘々と稲妻(第8巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

つむぎちゃん、小学生になったけど、急に大人になるわけじゃないから、基本的には何も変わらない。ただ、作家が書き慣れてきたからなのか、意識してなのかはわからないけど、ちょっとつむぎちゃんの絵が可愛くなった気がする。
小鳥は高校三年になり、完全に予想通り、調理師学校を目指すことに。まあ、無難な選択だろうな。というか、それ以外の選択肢は思いつかない。小鳥の方は、高三になっても絵がぜんぜん変わらない。食欲以外は目立たない娘という設定だったんだろうけど、ヒロインなんだからもう少し・・・。
この巻で作った料理は、さわらの西京焼き、サンドウィッチ、ハマグリごはん、アサリの味噌汁、トンカツ、マーボー豆腐。さわらの西京焼き、今度作ってみよう。

コミックス「甘々と稲妻 7」

甘々と稲妻(第7巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

二回目のクリスマス。ついにケーキ作りにまで到達したけど、初めて作るケーキは成功しないのがふつう。料理とお菓子作りは別物なんだよなぁ・・・。今回は小鳥の母親が一緒だったから成功したのだろう。
つむぎちゃんは、お正月は北海道の母方の祖父母の家に帰省。北海道らしい料理は出てこなかった。
テレビのニュースで、かなり前に、「地獄」の絵本が流行していると紹介されていたけど、その陰で、こんなトラウマ騒動が全国の子どもたちの間で起きていたのかも・・・しれない。正直いって、絵本の多くは大人の自己満足だとは思っていたけど、中には有害図書もあるわけだ。
この巻で作った料理は、ブッシュドノエル、栗きんとん、親子丼、シュウマイ。つむぎちゃん、卒園して春からは小学校。お弁当から給食に変わるけど、このマンガはまだまだ続く。・・・これで完結でもいいんじゃないか?

コミックス「甘々と稲妻 6」

甘々と稲妻(第6巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

小さい子供は、いろいろ理不尽なくらいに面倒くさいけど・・・美味しいものを食べさせれば、よい方向に向かうと考えるのは正しいというより、他に手段がないのかもしれない。
公平は修学旅行の引率で金沢へ。その間、つぐみちゃんは祖父母のところに預けられた。仕事をしながら子育てするには、やはりこういう手助けが必要。両親が揃っていても大変なんだから、片親状態は推して知るべし。
この巻で作った料理は、とうもろこしのスープ、棒パン(キャンプで)、サンマの蒲焼き、サンマのトマト煮、おにぎり、鶏肉のクリーム煮。公平は、料理の腕が上がってきて、一般的じゃないものまで作り始めた気配。

コミックス「甘々と稲妻 5」

甘々と稲妻(第5巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

小鳥の母親は滅多に顔を出さないのに、離婚した父親まで顔を出した。まさか、後々そこまで話が及ぶんだろうか。本筋ではないけど・・・。
本筋じゃないといえば・・・お誕生会用のドレスまで作っちゃうのか、すごいな。料理は出来なかったのに、ミシンが使えるとは思わなかった。父子家庭のお父さんって大変だなぁ。
つむぎちゃん、片腕を負傷した。全治三週間。痛みで泣くとかぐずるとかはないようだけど・・・自由にならないストレスはたまるらしい。小さい子供のことはよくわからん。
この巻で作った料理は、おもち料理いろいろ、ぶり大根、おすしケーキ、スパゲッティカルボナーラ、ポテトコロッケ。

コミックス「甘々と稲妻 4」

甘々と稲妻(第4巻)
雨隠ギド著
(アフタヌーンKC:590円+税)
※頂き物

つむぎちゃんを見て思ったけど、小さな子どもが刃物を持ちたがるのって、好奇心としては普通なんだろうけど・・・恐ろしいな。でも、悪戯してばっさりやってしまったとかいう話は聞いたことがない。どうやって教育してるんだろう?
文化祭の屋台のお陰で、小鳥のぼっちが解消されたらしい。とりあえず、ひとつ懸念がなくなった。小鳥も子供包丁で練習をはじめたし、前向きになっている。つむぎの成長はずっと続くから、出口はないだろうけど。
この巻で作った料理は、豚肉のしょうが焼き、クレープ、きんぴらごぼう、お好み焼き、ビーフシチュー、トライフル。・・・この巻の料理は、あまり食べたいと思わなかった。