コミックス「生徒会役員共 15」

生徒会役員共(第15巻)
氏家ト全著
(講談社:429円+税)
※古書を購入

この巻は学園祭から。ちゃんと前巻からお話がつながっていた。
桜才の学園祭で、アイドルユニット「トリプルブッキング」のステージをやったけど、それはワンシーンだけでお仕舞い。下ネタ以外は描かない・・・このマンガは、本当に徹底している。前後はいつものようにグダグダの下ネタで固められていた。まあ、そういうマンガだから何も不思議なことはない。
桜才が、高校生映画コンテストに出品することになった。主人公はタカトシくん。ヒロインはオーディションで・・・スズに決まった。兄妹役。でも、こんなにイベント性の高い行事を次々とこなしていいものだろうか・・・このマンガのグダグダな主旨に反するような気がする。
ほかは特に書くこともなし。

コミックス「生徒会役員共 14」

生徒会役員共(第14巻)
氏家ト全著
(講談社:429円+税)
※古書を購入

魚見さんはタカトシくんの親戚だから良いとして、前巻あたりから、英稜生徒会との付き合いが恒常化して、英稜の森ノゾミ副会長がやけに登場している気がする。非常にノーマルで、まだ毒されていない清純キャラなので、逆に目立っているだけかも知れないけど。ボケが増えすぎたから、ツッコミを補強したのかも知れない。
サザエさん方式ながら、一応、季節感は追っているので、文化祭に向けてのお話。桜才と英稜が文化祭に呼ぶアイドルグループへの交渉権を賭けて、体育祭で勝負するという・・・ちゃんとしたストーリーがあった。
いつも大人のおもちゃを作っている轟さんが、「自動消しゴムのカスねり機」を作っていた。子どもの頃、同じような物を作ったことのあるわたしって・・・^^;;

コミックス「生徒会役員共 13」

生徒会役員共(第13巻)
氏家ト全著
(講談社:429円+税)
※古書を購入

この巻も通常版の古本。
ふと登場人物紹介のページが目に止まった。そういえば、スズは、IQ180で5カ国語がペラペラという設定だったけど・・・いまではそういう秀才キャラもなりを潜め、ただ小っちゃいだけのキャラになってしまったなぁ。人を見下ろすような目線が好きという、ひねくれた設定もあったっけ。
内容は・・・一応、高校生クイズキング全国大会に桜才の生徒会が出場して、なんの盛り上がりもないままに優勝した。ふつうならすったもんだするような展開だけど、このマンガは下ネタにできなければ描かないという方針らしく、実にあっさりと流してしまった。
ほかには・・・あるようで、ないような・・・まあ、相変わらず。

コミックス「生徒会役員共 12」

生徒会役員共(第12巻)
氏家ト全著
(講談社:429円+税)
※古書を購入

何巻か続けて「DVD付き限定版」を買っていたけど、あまりにも続けて限定版ばかり出るので嫌気がさし、古書が安くなるのを待っていたら・・・完全に忘れ去ってしまった。たまたま、古本屋で通常版を見つけたので購入した。
内容は・・・あるようで、ないような・・・まあ、相変わらず。久しぶりに読んだけど、何の違和感もない。魚見さんも定着したけど、なんら変化はない。季節は11月からプール開きの間だけど、サザエさん方式になっているから、シノ会長はいつまでも会長のまま。学年もそのまま。というか、そういうことすらすでに考えていないのかも知れない。
小山先生という新キャラが登場したのかしないのか? ふつうの人といってしまえばそれまでだけど、ぜんぜんキャラのない先生なんだが・・・。

コミックス「生徒会役員共 11(DVD付き限定版)」

生徒会役員共(第11巻 限定版)
オリジナルアニメーションDVD付き
氏家ト全著
(講談社:3,300円+税)
※古書を購入

2015年2月に発売されたけど、新刊のタイミングで買いそびれてしまったので、古本が手頃な値段になるのを待っていた。もう、わたしの中では旬のマンガではないので、多少時期が遅くなっても何の差し障りもない。
OADのアニメは春夏秋冬ネタで、いつ見ても大丈夫な無難な下ネタばかりだった。久しぶりに見たから思うのかも知れないけど・・・タカトシくんのツッコミって、こんなに雑だったっけ? 今回初めてオーディオコメンタリーが収録されていた。
特にストーリーがあるわけでもないし・・・マンガの方も相変わらずで、何シーズン目か分からない夏から秋にかけてのお話。シノ会長が「完璧超人」だというセリフがあったけど、そう言えばそういう設定だったなぁ・・・ぜんぜん見る影もないけど^^; いったいいつ卒業するんだろうと思うけど、次の第12巻も特別版が出ていた。古本が安くなったら特別版を買うつもりだけど・・・マンガ自体はまだ連載が続いているんだろうか?

コミックス「生徒会役員共 10(DVD付き限定版)」

seitokaiyakuinndomo10sp.jpg生徒会役員共(第10巻 限定版)
オリジナルアニメーションDVD付き
氏家ト全著
(講談社:3,300円+税)

正直言うと・・・コミックスやラノベで、こういうオマケ商法にはうんざりなんだけど・・・いまだに新刊が出るたびにDVD付きの限定版をなんとなく買い続けている。
パッケージの4コママンガにもあるけど、DVD付き限定版はこれが6巻目。さらに、この巻にもまた第11巻DVD付き限定版の予告・予約申し込みチラシが入っていた。いつまで続くんだろう・・・。4コママンガ原作は、アニメ化すると以外に長くなるから、原作はまだ持つのかも知れないけど。

seitokaiyakuinndomo10dvd.jpgseitokaiyakuinndomo10.jpgマンガ、OADともに、相変わらずの内容だけど・・・この巻のOADはアニメ第二シリーズの「*」の続き・・・第14話ということになった。
*の続編だと、魚見さんの出番が増えるから、個人的には好ましいことではある。最近、シノ会長はタカトシくんへのフラグを立てながらも、完全に下ネタキャラに成り下がっているので、いまは魚見さんに注目することが多い。

コミックス「生徒会役員共 9(DVD付き限定版)」

seitokaiyakuinndomo09sp.jpg生徒会役員共(第9巻 限定版)
オリジナルアニメーションDVD付き
氏家ト全著
(講談社:3,300円+税)
ISBN/ASIN:4063584431

正直言うと・・・コミックスやラノベで、こういうオマケ商法にはうんざりなんだけど・・・なんとなくずっと新刊が出るたびにDVD付きの限定版を買い続けている。しかも、かなり早い時期からamazonに予約を入れて・・・^^; と、前の巻にも書いたけど、結局この第9巻もDVD付き限定版を買ってしまった。
さらに、来年5月にもDVD付きで第10巻が出るという・・・。たぶん、買うことになるとは思うけど・・・。
100%下ネタで成り立っているマンガだけど、テレビアニメの第二期が確定したという情報がある。

seitokaiyakuinndomo09dvd.jpgseitokaiyakuinndomo09.jpg原作のマンガがずっとアニメDVDをおまけに付けているのに、第二期をアニメ化するほど原作は溜まっているんだろうか? 正直、マンガ自体が少しマンネリ化とネタ切れに苦しんでいるようだけど^^;;
まあ、わたしとしては、声優の日笠陽子の声が聞ければ、多少つまらなくても、十分楽しめるだろうとは思うけど^^;

アニメ「生徒会役員共 帰ってきたOVA 2」

seitokaiyakuindomo_ova02dvd.jpg.jpg先週amazonから届いていたのだけど、なかなか落ち着いて見る気になれなかったので、今日まで放置してしまった。amazonでの購入価格は3,123円。

なにせ、OVAといいながら27分の1話だけなので、すぐに見るのはもったいないというか、なんというか^^;

で、内容は、相変わらず下ネタばかりのコメディ。
生徒会執行部のメンバーのお話だけど、学校祭などの括弧行事を追いかけてはないので、シノ会長の卒業というよりは、会長の任期切れで完結するのだろう。