BOOK「磐田市香りの博物館年報 平成25~29年度」

先日訪問した磐田市香りの博物館から資料として頂いた年報。頒布されているものかどうかは不明。
地方の博物館は、予算やマンパワーなどの面で苦しい状況のところが多く、なかなか年報や紀要を発行出来ずにいるところも多いと聞く。そんな中で、磐田市香りの博物館はかなりしっかり活動している印象を受けた。
この年報では、博物館の沿革、活動(常設展・企画展、啓発普及、資料の収集・保存)、施設概要などを収録している。
特にこの博物館は積極的に企画展を開催し、近年も入場者数を伸ばしている。先日の訪問時にも、絵本とコラボした企画展を開催していて、チビッコを連れた家族連れで賑わっていた。駆け足ではあったけど、わたしも楽しく見学した。こういう企画展を考え、準備して実現するのは大変なんだよなぁ。
全116ページ。

BOOK「磐田市香りの博物館収蔵品目録」

先日訪問した磐田市香りの博物館から資料として頂いた年報。頒布されているものかどうかは不明。
磐田市香りの博物館は「香り」というテーマに特化したユニークな博物館で、決して大規模な施設ではない。特に展示スペースの約半分を企画展に割き、勢力的に企画展を開催している。言いかえれば、訪れる度に異なる内容の展示を見られる。体験展示にもちからを入れ、がんばって活動しているという印象の博物館だった。
どこの博物館も事情は同じだけど・・・常設展示のスペースは限られ、定期的に展示品の入れ替えはあるものの、収蔵品の極一部しか見ることができない。そういう時に、こういう収蔵品目録が役に立つ。すべてではないけど、写真を見られるのはありがたい資料だ。
全72ページ。

磐田市香りの博物館(静岡県磐田市)



小さいながらも、「香り」に特化したユニークな博物館。最寄りのJR豊田町駅から北側の「熊野の長藤」あたりを「藤と香りの道」という名前が付けられ、その途中にある。
古代エジプトの香りなど5種類のフレグランスとフレーバーが体験できたり、「調香体験」などの体験展示が充実していた。常設展示では、香りにまつわる世界の美術工芸品の展示、四大文明における香りに関するエピソードを紹介する映像展示があった。
毎年数回、香りに関連したユニークな企画展を開催している。『絵本はたからもの  こぐま社の世界展  ~香りとものがたり~』(7月13日~10月14日)は、いろいろな香りが体験できてかなり楽しい内容だった。

『絵本はたからもの  こぐま社の世界展  ~香りとものがたり~』撮影コーナー