BOOK「私、能力は平均値でって言ったよね! God bless me? 3」

私、能力は平均値でって言ったよね!(第3巻)
FUNA著
イラスト:亜方逸樹
(アーススターノベル:1,200円+税)
※古書を購入

王都に戻った「赤き誓い」の4人。今回はメンバーのメーヴィスとポーリンそれぞれの個人的な事情に関するお話。メーヴィスの兄・ユアンが訪ねてきて実家に引き戻そうとし、ポーリンの家の依頼を受けたならず者に襲われる・・・。
まずはポーリンの問題。ギルドの役人とユアンを連れた「赤き誓い」は、殺されたポーリンの父親、そして乗っ取られた商会、愛人にさせられた母親の復讐のため・・・ボードマン子爵領へ。そこに、オースティン伯爵とシスコンブラザーズ、さらに近衛騎士まで加わっての急展開・・・。
一方、ブランデル王国のマルセラたち三人娘の方のお話も続いていて・・・国王と第三王女モレーナたちは、アデル(マイル/海里)のことを諦めてはいなかった。細々とした伏線が敷かれていて、ティルス王国とブランデル王国がどこかでつながるんだろうけど・・・。
受けた依頼は、亜竜のワイバーン討伐。元宮廷魔術師ブーンクリフトが語った「魔族」の話・・・今後の伏線なんだろうか? やたら伏線だらけのような・・・。
続きはKindle版にしたいけど、値段を考えると躊躇うな・・・。

BOOK「私、能力は平均値でって言ったよね! God bless me? 2」

私、能力は平均値でって言ったよね!(第2巻)
FUNA著
イラスト:亜方逸樹
(アーススターノベル:1,200円+税)
※古書を購入

ブランデル王国では、アデル(マイル/海里)の家督問題が解決し、第三王女がアデルを探していた。女神うんぬんのアデルのウソを信じて・・・。一方、ティルス王国では、ハンター養成学校を卒業後、マイル(アデル/海里)は在学時のCクラスメンバーたち、メーヴィス、レーナ、ポーリンとパーティ「赤き誓い」を組んだ。
こういうファンタジーもので、正面切って「対人戦」を扱ったお話を読むのははじめてかも知れない。人外のモンスターであれば殺すのも平気だけど・・・盗賊などの悪人とはいえ、人間を殺す必要性もあるわけだし・・・。もちろん、ラノベだから平気で人を殺したりはしないわけだけど。そう言えば、『ダンまち』には、知能があり人間とコミュニケーションできるモンスターというのが出てきて、主人公が悩んだりしてたな。
対人戦を意識して、マイルたち「赤き誓い」は盗賊討伐のクエストを受けた。他のベテランパーティとの共同作戦。新たな事件・陰謀に巻き込まれる。そして、共に行動した人たちにマイルがただならぬ力を持っていることが知られていく。本人は目立たないようにと気をつけてはいるようだけど・・・。

BOOK「私、能力は平均値でって言ったよね! God bless me? 1」

私、能力は平均値でって言ったよね!(第1巻)
FUNA著
イラスト:亜方逸樹
(アーススターノベル:1,200円+税)
※古書を購入

前から気になっていたけど、なかなか古本の値段が下がらないけど・・・とりあえず第3巻まで購入した。
死んだら異世界に転生してというよくある設定。他と違うのは、主人公が女の子だということ。ナノマシンとか、ちょっと科学的なエッセンスを加えて、理論的設定に多少の変化は持たせているようだ。
栗原海里(18歳)・・・高校の卒業式の帰り、クルマにひかれそうな少女を救って死んだ18歳。生前、少し優秀であったが故に、いろいろ苦労したため、転生時にチート能力を断り、平均値の能力を希望したにもかかわらず・・・神様との見解の相違で、チート能力の塊のような存在になってしまった。海里は10歳の美少女に転生したが、訳ありの子爵の娘で・・・すぐにブランデル王国の王都のエクランド学園の寄宿舎に送られることになってしまった。そこで、ふつうの女の子としての生活がはじまる・・・はずだった。
エクランド学園では転生時の本名・アデル、その次は隣国・ティルス王国のハンター養成学校ではマイルと名乗り・・・本当なチートだけど、無双して目立ちたくはない、でも、悪目立ちしてバレバレという・・・たぶん、同じようなことの繰り返しなのだろう。