コミックス「罠ガール 3」

罠ガール(第3巻)
緑山のぶひろ著
(電撃コミックスNEXT:amazon:626円)
※Kindle版を購入

千代丸とレモンの露天風呂シーン、サービスカットのつもりなんだろうか? 需要があるとは思えないのだが・・・。露天風呂にサルが入ってくるということを描きたかったのだろう。実際、以前頻繁に行っていた山村では、シカやサル避けの電気柵を当たり前に見かけたし、旅館の窓にも猿の侵入避けの電線が張ってあったりした。千代丸、今後のターゲットはサルらしい。
と思っていたら、自分の家の田んぼを守るための対イノシシ戦。かなりの大物らしい。用いるはねじりバネ式くくり罠・・・惜しくも逃げられてしまった。次は大型の箱罠でリベンジ・・・。でも、イノシシは怖いよなぁ、あいつら、加減というものを知らないから^^;;
もしかすると・・・このマンガ、早くもネタ切れなのかも知れない。

コミックス「罠ガール 2」

罠ガール(第2巻)
緑山のぶひろ著
(電撃コミックスNEXT:amazon:626円)
※Kindle版を購入

今回はぶどう園に侵入するカラス対策のお話から。カラスは避けて通れない動物だろうけど、決定的な対策法はないんだろうな・・・。
レモンがおばあちゃんの畑を守るために、わな猟免許を取得した。昔はどうか知らないけど、いま現在、この手の試験はふるいに掛けるのではなく、資格を取って頂くのが目的だから、よほどのことがなければ不合格にはならない。もちろん、ちゃんと勉強する必要はあるけど。
レモンの初わな猟は、アナグマとアライグマへの箱罠。こんなにすんなり捕獲できるのかと・・・。たぶん、こういう地域では日常的なことなんだろうなぁ。
それはともあれ、第2巻になって急に、朝比奈千代丸のアホ毛が気になる。アホ毛付きがわな猟なんかしてもいいんだろうか?

コミックス「罠ガール 1」

罠ガール(第1巻)
緑山のぶひろ著
(電撃コミックスNEXT:amazon:554円)
※Kindle版を購入

最近は何でもかんでも「ガール」ものが出ていて・・・「狩りガール」というのも実際にいるらしいし、タイトルだけ見て迷わず買ってしまった。
農具好きの女子高生・朝比奈千代丸・・・のどかな田舎に暮らす農家の娘で、「わな猟免許」をっている。
友人の昼間レモンの自家菜園に出たイノシシをくくり罠で捕まえ・・・とどめは撲殺。なかなかすごい。生徒会の依頼で学校に棲み着いたタヌキを箱罠でつかまえた。さらに、自分の家のビワを荒らすシカをくくり罠で捕まえた。
シカは猟師のおじいさん(生徒会長の祖父)を手伝って解体し、シカ肉を食べさせてもらっていた。まあ、命をいただく云々のお話は避けられないだろうから。ちゃんと鳥獣供養の話も出ていた。
今後はサルとかハクビシンやアライグマなんていうのが出てくるんだろう。まさか、クマまでは手を出さないと思うけど・・・。