コミックス「苺ましまろ 8」

苺ましまろ (第8巻)
ばらスィー著
(アスキー・メディアワークス:570円+税)

わーい! 『苺ましまろ』の新巻だ^^ 忘れていたけど・・・まだ続いていたのかという感じで、新巻が出た。実に4年半ぶり。個人的には、ロリコンマンガの金字塔だと思っているので、嬉しい限りだ^^ アナちゃんも、過剰同化ネタなんかもすっかりなくなり、ふつうにロリになってしまったし・・・。
新年の初詣に出かけるネタがあったけど・・・このマンガって、「サザエさん」方式になっていたのか、微妙に思い出せない。伸恵ねえちゃんが女子高生なのにタバコを吸うとか、中学の頃から吸っていたとかからはじまって、新学期にアナちゃんが転校してきて、夏休みの宿題ネタなんかがあったのは憶えているんだけど・・・。4月にちゃんと進級するかどうかで、どういう方式か判明するだろう。
このマンガを読みはじめたのは10年前だけど、リアルの子どもは成長が早いから・・・当時、中学生だった友人の子どもたちは、すでに大学を卒業しているんだよなぁ。当時、すでにおっさんだったわたしは、いまもなお、おっさんだけど^^;;
笹塚くんネタ、どこに向かっていくんだろう? 担任の先生も含めておかしな方向に向かっている。そして大喜利ネタ。このマンガはどこに向かっていくのだろう?

ドラマCD「苺ましまろ DRAMA CD Volume 4」

dramaCD_ichigo_Volume4.jpg中古で安く売っていたので、ドラマCDを2つ買った。このVol.4はamazonのマーケットプレイスで560円。
最近、体調が悪く、気分もすぐれないので、ちょっと気分転換のために『苺ましまろ』を補充してみた。
たあいもない内容だけど、久しぶりに千佳ちゃんと伸恵お姉ちゃんの声を聴いて、ちょっと元気になった^^;;
酸欠状態で本も読めない状態の時に、ドラマCDを聴くというのも、なんか辛いものがあるけど、現実的な選択だった^^;;

ドラマCD「苺ましまろ DRAMA CD Volume 1」

dramaCD_ichigo_Volume1.jpg中古で安く売っていたので、ドラマCDを2つ買った。このVol.1はamazonのマーケットプレイスで528円。
最近、体調が悪く、気分もすぐれないので、ちょっと気分転換のために『苺ましまろ』を補充してみた。
たあいもない内容だけど、久しぶりに千佳ちゃんと伸恵お姉ちゃんの声を聴いて、ちょっと元気になった^^;;

ドラマCD「苺ましまろ Chara-CD 3 「アナ」〈初回限定生産〉」

ichigo_Chara-CD3ana.jpgこんなCDを買ってしまった。amazonのマーケットプレイスの中古で900円。
中古とはいえ、『苺ましまろ』のドラマCDにはまだそこそこ値段が付いている。いくつもまとめ買いをして・・・どんどん深みにはまっていくような気がする^^;;
内容に関して、楽しかったけど、特に感想はない。
『苺ましまろ』のファンが買うCDだということはわかるけど、こんなに何作も出して、ビジネス的に成り立ったんだろうか? もしかすると、わたしはまだ本物のオタクたちの購買力を過小評価しているのだろうか?

コミックス「苺ましまろ 7」

ichigomasimaro07.jpg苺ましまろ (第7巻)
ばらスィー著
(アスキー・メディアワークス:570円+税)
ISBN/ASIN:4048914536

久しぶりに「苺ましまろ」の新刊が出た^^
久しぶりに読んだせいか・・・なぜか、美羽ちゃんがすごく好きになった。いままで、鬱陶しいだけの子だと思っていたけど、やっぱり美羽ちゃんがいないとこのマンガは成り立たないらしい。
幼女好きの伸恵おねえちゃんは・・・ますます磨きがかかってきて、もはや「変態」の域に片足を踏み込んでしまった気配^^;;
・・・OVA出ないかなぁ~。

「苺ましまろ」は全巻読んでいるけど・・・なぜか、1~3巻までしかアップしていなかった。そのうち読み返すことにしよう。

アニメ「苺ましまろ encore(OVA)」

icjigo-ova2.jpg

腰の痛みは鎮まってきたけど、相変わらず仕事がヒマだし、仕方がないのでアニメでも見ているしかないかということで、「苺ましまろ encore (OVA)」を見た。
見たと言っても、3話しかないからすぐに見終わってしまった。・・・・1枚のDVDに1話しか収録されていない・・・ちょっとあんまりだという感じ^^;

OVAのCFで、作画が少し幼い感じに変わったという印象を持っていたけど・・・やはり、見始めは違和感があった。でも、見ているうちにすぐになれてしまったのか、違和感は消えた。

苺ましまろのOVAも、これが最後だろうなぁ。オリジナルのストーリーでいいから、テレビで次のシリーズやらないかなぁ~。

アニメ「苺ましまろ」

ichigo-masimaro.jpg精神的にも、肉体的にもパッとしないので、気分転換にアニメ「苺ましまろ」(全12話)を見た。いい年した親父がこのアニメを見ながらにやけている図は、自分でも想像してイヤになる姿だけど、気持ちが明るくなるのだから、まあ、いいではないか^^;;

このアニメの基本構図は、短大生の伸恵お姉ちゃんと4人の小学生(伸恵の妹・千佳、その友だちの美羽、茉莉、アナ)が一緒に遊んでいるというだけのお話し。・・・といっても、決してわたしにロリコン属性があるわけではない。正直言って、この年になるとアニメを見ていても、いわば「むすめ目線」とでもいうのか、自分の子どもを見ているような感覚になってしまうわけで^^;
このアニメには、個性的な子どもたちが登場するけど・・・ふと考えてしまう。
千佳ちゃんやアナちゃんが自分の子どもだったら、素直でいい子だし、手間もかからなさそうで楽しそうだ。茉莉ちゃんは、気が弱くてちょっと心配な点もあるけど、育てる上では可愛いに違いない。そして、物語のかき混ぜ役で学校では問題児っぽい美羽ちゃんが、もし、自分の子どもだったら・・・大変だろうな^^; まあ、逆の意味ではいちばん楽しいのかも知れないけど。
でも、こうして考えると、短大生の伸恵お姉ちゃんがいちばん良さそうだ。お酒も一緒に飲めそうだし、タバコ吸っていてもイヤな顔しないだろうし、何よりボーイフレンドもいそうもないので余計な心配をしないで済む^^;

・・・などと馬鹿な想像は別として、実際に子どもを育てるのは大変なんだろうな。叩けば泣くし、放っておいてもブーたれるし。そのうち大きくなったら、「お父さんは臭い!」とか言い始めるし・・・。
でも、このアニメのいいところは、そういうお父さんが悲しむシーンがまったく描かれていないことだ。いや待て、というより、アニメの世界であっても、子どもたちが楽しく過ごしているシーンには、そもそも父親は不要ということか・・・。
やっぱり、世のお父さんたちに同情しないではいられない^^;

コミックス「苺ましまろ 1-3」

ichigomasimaro

苺ましまろ (第1~3巻)
ばらスィー著
(メディアワークス:各550円+税)
第1巻:ISBN/ASIN:4840222924
第2巻:ISBN/ASIN:4840224455
第3巻:ISBN/ASIN:4840226237

体調が悪くて、ふつうの本を読む気力も集中力もない。ということで・・・と言うわけでもないけど、このところ、マンガばかり読んでいる^^; 改めて考えると、つい先日、HDD&DVDレコーダーのHDDが逝ってしまい、録画していたアニメのデータが飛んでしまったので、アニメに対する熱が冷めたはけ口という感じがしないでもない・・・。
この「苺ましまろ」もはじめはアニメで観ていたもの。たまたま古本屋で見つけたので買ったわけだけど・・・。はっきりいって、わたしには「ロリ属性」はない。実生活でも子供を育てた経験はないし、育ててみたいという願望もない。しかし、だからといって子供をかわいいと思わないわけではない。躾がなっていない子供は、ただの「くそガキ」に過ぎないと思っているけど、なついていて、ちゃんと躾られていている子供はかわいいと思う。
さて、「苺ましまろ」はあくまでマンガなので、デフォルメされた性格の子供たちが暴れまくっている^^; これがリアルに展開されたら30分もたないだろうけど、楽しく読めるのは二次元のなせる技だろう^^; ・・・そのうち、第4巻を買わなくては・・・。