BOOK「3人がいっぱい ②」

3人がいっぱい ②
和田誠著
(新潮文庫:360円)
※自炊本を再読

『小説新潮』という文芸雑誌に連載されていたコラムをまとめた本の2巻目。昭和51年から54年にかけて連載されたコラムを収録している。
毎号3人の作家や俳優、芸能人などを取り上げているから『3人がいっぱい』なわけだけど、プロスポーツ選手など取り上げられる人物の枠が広がっていた感じ。ピンクレディが登場するあたりは、時代を感じさせる。
世代的に懐かしい名前、そんな人もいたなと思い出す名前は多いけど、幅広いジャンルから選ばれているので、ぜんぜん記憶にない人もいる。2巻合わせて、42人の選者が選んだ84組252人。何年もかけてコツコツ続けるとこうなるわけだ。
和田誠も昨年ついに鬼籍に入ってしまった。(合掌)

BOOK「3人がいっぱい ①」

3人がいっぱい ①
和田誠著
(新潮文庫:360円)
※自炊本を再読

昨年のことだけど、むかし読んだ本の表紙でなじみ深かった和田誠が亡くなったというニュースに接したとき、ひとつの時代が終わってしまったなと感じた。いまでこそ小説やエッセイはほとんど読まなくなったけど、若かりし頃はその手の本ばかり読んでいた。つかこうへいの本を最後に、和田誠の表紙とも出会う機会がなくなってしまったけれど・・・。
これは、『小説新潮』という文芸雑誌に連載されていたコラムをまとめた本。
毎号選者が3人の作家や俳優、文化人などをとりあげ、和田誠のイラストと簡単な質問への回答、選者のエッセイがついたりと、時期により内容は異なっている。
昭和48年から51年にかけてのコラムを収録しているので、懐かしい名前がたくさん並んでいるけど・・・すでに鬼籍に入られた人も多い。名前を見るだけでとにかく懐かしかった。