◆伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)

2016-10-07fushimiinari
仕事で京都に来て、空き時間に石峰寺を見て、ついでに伏見稲荷大社に回った。ぜんぜん時間がなくて、拝殿にお参りをしただけで、千本鳥居の方まで脚を伸ばす余裕すらなかった。
伏見稲荷は、日本に来る外国人観光客がいちばん行きたい観光地ナンバーワンだとかで、境内は外国人観光客であふれかえっていた。昨日の奈良・東大寺は8割が中国人だったけど、さすがに伏見稲荷というか、中国人と同じくらいの感じで欧米系の観光客が目に付いた。
さらに日本の小中学生の修学旅行もやってきて、拝殿の前は渋谷のスクランブル交差点のような混雑ぶりだった。

◆伏見稲荷大社(京都府京都市)

1984-03-23fushimiinari.jpg一応、女の子といっしょに・・・デートとして来たんだけど、入口の茶店で、すずめの焼き鳥を肴に飲み始めてしまい、けっこういい気分で鳥居をくぐった^^;

幾重にも連なった、長い長い鳥居が面白いところだった。
ようやく本殿にたどり着くと、残念なことに工事中だった。・・・たまたま近くにいた、酔っぱらいのオッサンに本殿の前でシャッターを押してもらったら・・・女の子と撮ったわけだけど・・・ピンぼけだった^^;

伏見稲荷は商売の神様なので、とりあえず、景気がよくなり、稼げるようにお願いをした。


より大きな地図で 神様仏様 を表示

◆上賀茂神社(京都府京都市)

1983-03-31kyouto-kamigamojinja.jpg京都で最も古い神社と言われる上賀茂神社。
正式名称は「賀茂別雷神社」で、雷の御神威で・・・昔は雷除けのご利益があったけど・・・いまでは電子産業などの守り神なのだという。神様も、時代の流れに応じて、ご利益の出方が違うということか。

そういう意味では、二〇世紀末の日本に、多大なご利益をもたらした神様と言えるかも知れない。でも、意外に淋しげなたたずまいだったような気がする^^;
鳥居は典型的な「台輪鳥居」。
どうしてこの神社に来たかというと、彼女の家が近くにあったからに過ぎない^^;


より大きな地図で 神様仏様 を表示